2013年05月31日

5月末日(CLACLA日記)

 今日で5月も終わり。
 谷口組(『父のこころ(仮題)』)の撮影もあったりして、ひと際あっという間の一月だった。
 そして、今年も残すところ7ヶ月となってしまう。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 死を忘れないこと。


 晴天から曇天へ。
 それでも、雨降りよりはましか。

 気温、いくぶん上昇したか。
 湿度が少ない分、それほど過ごしにくくはなかったが。


 昨夜、KBSラジオでナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、なかなかよろし。
 ああ、すっきりした。


 ジェフリー・テイト指揮イギリス室内管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの『町人貴族』組曲&メタモルフォーゼン<EMI>、ソプラノのナタリー・デッセーがアントニオ・パッパーノ指揮コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団他の共演で歌った同じくリヒャルト・シュトラウスのアリア&シーン集<Virgin>、ソプラノのヴェロニク・ジャンスがアイヴァー・ボルトン指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団の伴奏で歌ったモーツァルトのアリア集<同>、メゾソプラノのマグダレーナ・コジェナーがサイモン・ラトル指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団の伴奏で歌った同じくモーツァルトのアリア集<ARCHIV>、バリトンのオラフ・ベーアがハンス・フォンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンの伴奏で歌った同じくモーツァルトのアリア集<EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 古川隆久の『昭和天皇』<中公新書>の拾い読みをする。
 『昭和天皇伝』<文藝春秋>を著した伊藤之雄との昭和天皇の事績(例えば、田中義一の総理大臣辞任等)への評価の違いがわかり、非常に面白い。


 今日は、本当は佐々木組(『死は口ほどにものを言い』)の打ち上げが予定されていて、ずっと愉しみにしていたのだが、諸般の事情で断念せざるをえず。
 仕方ない。


 18時半過ぎに外出し、下京図書館へ。
 『昭和天皇伝』と北岡伸一の『官僚制としての日本陸軍』<筑摩書房>を返却し、予約しておいた田代靖尚の『昭和天皇のゴルフ』<主婦の友社>、田中弘之の『「蛮社の獄」のすべて』<吉川弘文館>、川上未映子の『愛の夢とか』<講談社>を新たに借りる。


 そこから壱坪シアター・スワンに移動し、THE GO AND MO’S第8回公演『白石の瓶』(黒川猛さん脚本・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!


 その後、仕事関係の予定をすませて帰宅した。


 今日は、明治のハイミルクチョコレートを食す。
 西洞院のフレスコで、税込み89円だったもの。
 ミルクの風味がよくきいたチョコレートで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 そして、来月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック