2013年05月07日

連休明け CDを聴きながら作業を進める通常モード(CLACLA日記)

 世は連休明け。


 晴天。
 どんよりとした感じもなくはないが、いいお天気、いい青空が続く。

 気温はあまり上昇せず。
 風も吹き、肌寒い感じの強い一日となる。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。

 それでも、花粉禍が続く。
 首筋のがさがさがうっとうしい。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら、3時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、かかりつけの病院へ。
 血液検査用の採血を行い、スギ薬局で薬を受け取り帰宅する。


 帰宅後、ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィル他が演奏したマーラーの『大地の歌』<DECCA>、ピエール・ブーレーズ指揮ウィーン・フィルが演奏した同じくマーラーの交響曲第6番「悲劇的」<ドイツ・グラモフォン>、同じくブーレーズ指揮ベルリン・フィルが演奏したヴェーベルンの管弦楽曲集<同>、クリストフ・ルセ指揮レ・タラン・リリク他が演奏したペルゴレージのスターバト・マーテル&サルヴェ・レジナ<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中、息抜き代わりに、小林信彦の『映画が目にしみる』<文春文庫>を読み進める。


 夕方になって外出し、仕事関係の予定をすませ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、ピエール・ブーレーズ指揮クリ―ヴランド管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第7番「夜の歌」<ドイツ・グラモフォン>、ワルター指揮の『大地の歌』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 途中息抜き代わりに、『映画が目にしみる』<文春文庫>を読み進める。


 演劇研究者の河竹登志夫が亡くなる。88歳。
 祖母は河竹黙阿弥の娘(繁俊の養母)で、父は演劇研究者の河竹繁俊。
 歌舞伎と西洋演劇、特にシェイクスピアとの比較研究で知られ、早稲田大学の教授を長らく務めた。
 著書も多数。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 戦後イタリアを代表する政治家の一人、ジュリオ・アンドレオッティも亡くなった。94歳。
 キリスト教民主党の領袖として7度首相の座に就き、重要閣僚として入閣を果たした。
 マフィアとの強い関係でも知られ、ファルコーネ判事暗殺事件など謀殺事件に関与した疑いで起訴されたりもした。
 黙祷。


 旧社会党所属の元衆議院議員、五十嵐弘三も亡くなった。87歳。
 細川内閣で建設大臣、村山内閣で内閣官房長官を務めた。
 黙祷。


 今日は、フルタのセコイアチョコを食す。
 グルメシティで、税込み30円だったもの。
 ウエハース入りのおなじみ駄菓子チョコだが、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック