2013年04月28日

月面クロワッサンのドラマの撮影に参加し、立誠・シネマ・プロジェクトに足を運んだ(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 ただし、気温はそれほど上昇せず。
 肌寒い感じが残る。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。

 花粉禍、続く。
 特に、首筋のがさがさひどし。


 昨夜、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したロッシーニの序曲集<RCA>を聴いたりしながら、3時半近くまで仕事関係の作業を進めたり、月面クロワッサン製作のドラマの台本を読み込んだりする。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進めたり、ドラマの台本を読み込んだりする。


 午前のうちに外出。
 で、月面クロワッサン製作のドラマ(以前、ウェブドラマと記したが、ウェブドラマではなく、ドラマであると訂正しておきます)に出演者として参加する。
 自分の拙い演技には冷や汗をかく想いがしたが、いいドラマとなるよう少しでもお役に立てればとも強く思う。
 撮影の合い間や休憩中に、作道雄君や出演者スタッフの面々と話しができたのも嬉しかった。
 29日の撮影も、とても愉しみだ。


 撮影終了後、いったん帰宅して着換えをすませ、木屋町の元・立誠小学校へ。
 今日からスタートした立誠・シネマ・プロジェクト=3階特設シアター(京都市、シマフィルム主催 立誠・文化のまち運営委員会共催)に足を運び、宮本杜朗監督、出演者の和田晋侍さん(音楽も担当)とキキ花香さん(子供鉅人!!)による新作『太秦ヤコペッティ』の舞台挨拶をのぞかせてもらう。
 とても意欲的なプロジェクトで、今後の展開が本当に愉しみだ。

 終了後のちょっとした打ち上げにも参加し、22時半過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ギタリストのイョラン・セルシェルが弾いたビートルズのヒットナンバー集『ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア』<ドイツ・グラモフォン>やロッシーニの序曲集を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 非常に充実した一日だった。


 以上、4月27日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック