2013年04月08日

たどりついたら今日も雨降り でも、何かが違う(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気の一日。
 で、後述地下鉄松ヶ崎駅を出たら雨降りに。
 でも、昨日とは異なりどしゃぶりではなし。

 気温は上昇せず、肌寒い感じが強し。
 特に、夜になって冷え込んだ。

 それでも花粉の勢いは強く、目の周りの痒みやくしゃみの連発に悩まされる。
 やれやれ。


 昨夜、内田光子が弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第15番&第18番<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を4時近くまで進める。


 昼寝坊。
 覚悟の上でだけれど、ちょっとやましい気分に。


 NHK・FMの『トーキング・ウィズ松尾堂』や『きらクラ!』を聴く。
 『きらクラ!』は、出産でしばらくお休みだったチェリストの遠藤真理が今日から復帰。
 陽性な声が愉しい。

 その後、ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」<ドイツ・グラモフォン>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の改訂作業を行ったりする。


 戸梶圭太の『レジスタンス、ジャパン』<双葉社>を読了する。
 これぞ戸梶流というか、ある意味強引な展開でラストまで駆け抜けた。
 その分、強い憤り想いもよく伝わってきたが。
 未見なので思いつきで口にするのだけれど、もしかしたら、園子温監督の『希望の国』にも通底するものがあるんじゃないのかな。

 ほかに、小林信彦の『にっちもさっちも』<文春文庫>を読み進める。


 夕方になって外出し、地下鉄で松ヶ崎へ。
 そこから歩いて人間座スタジオに行き、努力クラブ必見コント集『正しい異臭』(合田団地君脚本・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 開演前終演後、合田君をはじめ関係各氏と話しをする。


 河原町までバスで出、三条京阪のブックオフをのぞいたり、夕飯用の買い物をすませたりしたのち、22時半頃帰宅する。


 帰宅後、クリ―ヴランド・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第13番&大フーガ<TELARC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたりする。


 以上、4月7日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック