2013年04月04日

CDを聴きながら作業を進めた一日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 気温も上昇し、春らしく暖かい一日。

 その分、花粉禍も激しかったが。
 やれやれ。

 それと、老眼が悪化しているのか、目の疲れも激しい。
 やれやれ。


 昨夜、フォルテピアノのバート・ファン・オールトが弾いたフィールドの夜想曲集<COLUMNS>を聴いたりしながら、4時頃まで仕事関係の作業を進める。
 途中息抜き代わりに、小林信彦の『最良の日、最悪の日』<文春文庫>を読み進め読了し、同じく小林信彦の『出会いがしらのハッピー・デイズ』<同>の再読を始めた。


 朝早くから、マンション内の配管工事でどうにもかまびすしい。
 やれやれ。


 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』&『ドン・ファン』<ドイツ・グラモフォン>とブラームスの交響曲第2番&ハイドンの主題による変奏曲<同>、ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィルが演奏したラヴェルの管弦楽曲集<RCA>、アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団が演奏したコルンゴルトの交響曲&『から騒ぎ』組曲抜粋<ドイツ・グラモフォン>、ニコラウス・アーノンクール指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」&第3番「スコットランド」<TELDEC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の改訂作業や文書類の整理を行ったり、豊崎由美の『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』<本の雑誌社>や『出会いがしらのハッピー・デイズ』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 ついでに、近くのコンビニで週刊文春の小林信彦の連載エッセイを立ち読みする。
 今回は、日本における映画の衰退に関して、小林さんの持論が詳しく述べられていた。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ロータス・カルテットの大阪・いずみホールでのコンサートのライヴ録音を聴く。
 が、ブラームスの弦楽4重奏曲第1番を聴き終え、クラリネット5重奏曲(セバスティアン・マンツのクラリネット)の第3楽章あたりから電波の具合があまりにも悪くなったため、途中下車せざるをえず。
 まあ、仕方ない。


 続けて、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したモーツァルトの歌劇『クレタの王イドメネオ』のバレエ音楽&セレナード第9番「ポストホルン」他、ピアノ協奏曲第22番&第23番(ロバート・レヴィンのフォルテピアノ独奏)<ともにオワゾリール>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の改訂作業を行ったり、『ガダスタ屋の矜持 場外乱闘篇』や『出会いがしらのハッピー・デイズ』を読み進めたりする。


 今日は、サンスイートトレーディングのチョコバタークッキーを食す。
 壬生のローソンストア100で購入した、マレーシア原産のもの。
 バター地とココア地が格子状になったクッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック