2013年01月29日

今日も『ゆかいなどろぼうたち』の稽古に参加した(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強いお天気。

 昨日に比べて、気温はいくぶん上昇したか。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 昨夜、『ゆかいなどろぼうたち』をさらったのち、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を4時過ぎまで進める。


 眠さに勝てず、ほんの少しだけ朝寝坊。


 午前午後と、仕事関係の予定をすませる。


 その後、地下鉄でくいな橋へ。
 2月17日に公演予定の『ゆかいなどろぼうたち』の稽古に、今日も参加する。
 自分の登場シーンの抜き稽古をやってもらうことができる。
 演出の伏見武さんの丁寧なご指導に心より感謝するばかりだ。
 本当にいい公演、いい舞台、いい本番にしていきたい。
(稽古見学は自由なので、ご興味ご関心がおありの方は、お気軽に中瀬のほうまでご連絡ください。小劇場のいつものスタイルとは一味も二味も違った稽古になっていると思うので)


 で、仕事関係の用件をいくつか片づけ、夕飯用の買い物をすませて帰宅する。


 帰宅後、ザロモン・カルテットが演奏したモーツァルトの弦楽4重奏曲第20番&第22番<hyperion>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 夕飯後、『ゆかいなどろぼうたち』をさらったり、イェルゲン・エルンスト・ハンセン指揮ソチエタス・ムジカ室内管弦楽団が演奏した『バロック音楽へのお誘い』<DENON>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『福永武彦新生日記』<新潮社>を読み進めたりする。


 今日は、ティラミスクッキーを食す。
 近くのダイソーで購入した、マレーシア産のもの。
 コーヒー味のクリームの入ったティラミスをイメージしたクッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 作家の安岡章太郎が亡くなった。92歳。
 いわゆる「第三の新人」の一人。
 実は、安岡さんの作品は『遁走』を読んだ程度で、あとは高校時代に『海辺の光景』を読んだような記憶があるようなないような…。
 そういえば、「第三の新人」と呼ばれる人たちの作品自体、一部を除いてほとんど読んでいないのだった。
 深く、深く黙祷。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック