2013年01月25日

CDレビューをアップし、『逃げる公家、媚びる公家』を読み進めた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温はぐぐっと下がり、寒さがとても厳しくとても激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 明け方5時頃まで、仕事関係の作業を進める。


 KBSラジオの『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 14時頃外出し、郵便局や銀行で用件を片づけたり、仕事関係の予定をすませたりする。


 帰宅後、リカルド・シャイー指揮ベルリン放送交響楽団他が演奏したツェムリンスキーの交響曲第2番他<DECCA>とペーター・マーク指揮ベルン交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番&序曲『静かな海と楽しい航海』<IMP>を聴き、それぞれのCDレビューをアップする。

 続けて、イェルゲン・エルンスト・ハンセン指揮ソチエタス・ムジカ室内管弦楽団が演奏した『バロック音楽へのお誘い』<DENON>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、渡邊大門さんの『逃げる公家、媚びる公家』<柏書房>を読み進めたりする。
(別のブログに、渡邊さんご自身よりコメントをいただいた。恐縮のかぎり)


 19時少し前に外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、マレク・ヤノフスキ指揮ベルリン放送交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 レーガーのモーツァルトの主題による変奏曲とフーガ、プーランクのオルガン協奏曲、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」が放送されていた。
 感覚的な物言いになるが、非常にヨーロッパらしいプログラムであり、演奏だと思った。

 続けて、ザロモン・カルテットが演奏したモーツァルトの弦楽4重奏曲第20番&第22番<hyperion>とハンス・フォンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏した同じくモーツァルトの序曲集<CAPRICCIO>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『逃げる公家、媚びる公家』を読み進めたりする。
 そういえば、以前畠山義隆という口ばかりの大名に乗せられて五条西雅實という学識はあるものの人間性の卑しい公家が能登の七尾に下向してひどい目にあうという『能登愚将記』なる戯作の一部をものしたことがあるのだが、この『能登愚将記』をさかのぼること約50年ほど前、畠山義総統治下の能登七尾が文化的に栄えた土地であり、当時を代表する歌人である冷泉為広も度々下向、ついにはその地で亡くなったということを、『逃げる公家、媚びる公家』で初めて学んだ。
 小学生の頃から戦国時代の文献(現代語訳の書物や専門書)には親しんできたが、畠山義総と公家との関係については全く知らなかっただけに、この偶然にはちょっと驚いている。
(五条西雅實の相手に畠山義隆を選んだのは、たまたま語呂がいいと思ったから。こういう偶然が本当に多いんだよなあ)


 今日は、ヤマザキの吹雪まんを食す。
 グルメシティで、税込み64円に値引きされていたもの。
 粒あんたっぷりの吹雪饅頭で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック