2013年01月22日

劇団しようよ vol.3『スーホの白い馬みたいに。』(京都ver.)

☆劇団しようよ vol.3『スーホの白い馬みたいに。』

 作・演出:大原渉平
 音楽:吉見拓哉
 ドラマトゥルク:稲垣貴俊
(2013年1月22日15時開演/元・立誠小学校音楽室)


 月面クロワッサンのwebドラマ『虹をめぐる冒険』の第一回目のゲストとして、劇団しようよの大原渉平がゲスト出演していたのだけれど、いやあ、あの大原君の演技にはすっかり騙されてしまった。
 なんだか腹に一物も二物もありそうな様子に、てっきり西村花織が演じるヒロインを拉致監禁したのは、大原君だと思い込まされてしまったのだ。
 造り手の作道雄の思惑意図はひとまず置くとして、あのミスリードは秀逸だったなあ。
 で、腹に一物二物とは異なるけれど、常日頃の大原君とはだいぶん違って翳りというかぬめりのある『スーホの白い馬みたいに。』の演技に対して、僕の観た回では若い女性のお客さんが笑い声を上げていた。
 大原君、やっぱりよくわかっている。

 で、その『スーホの白い馬みたいに。』だけど、今回は昨年11月にKAIKAでプレビュー公演が行われた北九州バージョンのまるまま再演ということではなく、あちらで伏せられていた物語の核となる部分がしっかり解き明かされる新バージョンとなっていた。
 様々な登場人物たちの現在や過去が、いくつかの事象事件をきっかけにして絡み合い…。
 ということは、前回の公演の感想にも書いたっけ。
 人の心の哀しさ淋しさがリリカルに、わかりやすく受け止めやすく描かれていたのではないだろうか。

 ただ、本当は天童荒太的なテーマとシチュエーションの物語が、どうも石田衣良のようなきれいな手つきで書き流されているような感じがして、正直、大原君はこの物語のどこからどこまでを本心から語って騙りたかったのか疑問に思ってしまったことも事実だ。
 言い換えれば、相手から彼の言いたいことのある程度のところまで口にされて、いっとう大事なところを口ごもられはぐらかされてしまったかのようなもどかしさを感じたというか。
 もちろん、そこには大原君のシャイさ美意識、逆に自分が誰から何を求められているかをよくわかった上での戦術戦略もあるだろうから、そのことを否定するつもりは毛頭ないけれど。
 けれど、年をとって突然身も蓋もないことを明け透けにするよりも、若いうちからできるだけあけっぴろげにしておいたほうが、表現者としてもけっこう楽な気がするんだけどな。
 それに、吉見拓哉の正直でストレートな音楽との付きも、そっちのほうが今以上にさらにいいような気がするし。
(一つには、昨晩司辻有香の作品を観たことも大きいと思う。あっそうそう、僕が辻企画の『不埒なまぐろ』の感想で、無縁云々底が浅い云々と記したことは、セックスそのもののことではない。僕のセックス観については、もともと東陽一監督の『ラブレター』みたいなポルノ映画のシナリオを書いてくれと言われて、結局喜劇になってしまった『モノは試し』という拙作に詳しいので、いずれ必ず公開したい)

 前回に続く、ピンク地底人2号、山本大樹、宗岡ルリ、殿井歩、田中次郎、高山涼、井戸綾子、長南洸生、立花葛彦、橋岡七海ら演者陣は、諸々の長短や楽日特有の波はありつつも、各々の特性魅力をよく発揮していたのではないか。
 KAIKA、北九州、そして元立誠と公演を重ねて、アンサンブル的にも前回以上にまとまっていたように感じた。
 また、ゲストの劇団野の上の山田百次(心と腹と頭で演じることのできる人)と出村弘美(モナリザのような、彼女のどこかミステリアスな微笑みを観ることができたら、なおよかった)も、物語の核心を任せるに相応しい(冒頭記した月クロのwebドラマにも通じる)見事な組み合わせだった。
 さらに、穴迫信一もうざったいコメディリリーフをきっちりこなしていた。
(ここでは、山本大樹の受けのよさも忘れてはならないだろうが。山本君の筋の通ったのりのよさは、貴重だと思う)

 当然、それには大原君の演者の選択、キャスティングの巧さも高く評価しておく必要があるだろう。
 ただし、各々の演者の本質と大原君が求めるキャラクター、より具体的に言えば、全てではないけれど(そして、前々回の『ガールズ、遠く バージンセンチネル』同様)、大原君の女性観というか、希求する女性像と実際の演者との間に、埋め難い溝、齟齬を感じてしまったことも否定できない。
 むろん、登場人物をよい意味での「記号」と割り切って、石田衣良(もしかしたら杉原邦生?)的に作品世界を造り込む手もなくはないが、それは演者にとって精神的な負荷が強過ぎるだろうし、それより何より、大原君の持ち味よさともずれてしまうような気がするわけで。
(だいたい、石田衣良のようなスタイルは、「なる」ものではなく「ある」ものだろうしなあ)

 なんだか好き勝手なことを書き散らかしてしまった。
 いずれにしても、劇団しようよ、そして大原君、吉見君の今後の表現活動に注目し、その活躍に心から期待したい。
posted by figarok492na at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック