2013年01月12日

世は三連休の初日なれど 『クラシックの迷宮』が愉しみ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えた一日。

 気温もいくぶん上昇し、穏やかな感じとなる。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 体調、なおも芳しからず。
 咳込みと身体のだるさが続く。
 やれやれ。


 世は三連休の初日なれど、体調ゆえ、夕方の夕飯用の買い物以外は部屋に籠り、ペーター・マーク指揮ベルン交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」&序曲『静かな海と楽しい航海』<IMP>やリカルド・シャイー指揮ベルリン保薄交響楽団他が演奏したツェムリンスキーの交響曲第2番他<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の改訂作業を行ったりする。
 『高森みずきの穏やかな一日』の再改訂作業がすんだあとは、『モノは試し』の再改訂を行い、両作品とも『赤い猫』第4号として公開しようかなと今のところは考えている。


 奥泉光の『黄色い水着の謎』<文藝春秋>を読了する。
 ああ、面白かった!
 ところで、テレビがないので観ることは出来ていないのだが、テレビ朝日で放送された『妄想捜査 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』は、原作と相当違ったものになっているらしいとのこと。
 まあ、そりゃそうか。


 続けて、井上ひさしの『東慶寺花だより』<同>を読み始める。
 『オール讀物』に断続的に掲載された連作をまとめたもの。
 一篇目から、惹き込まれてしまう。


 今夜から、NHK・FMの『名曲のたのしみ』の後番組にあたる、『クラシックの迷宮』がスタートする。
 片山杜秀の解説ということで、何が飛び出すか非常に愉しみだ。
 今夜は、宮城道雄の『春の海』(自演)、同じく宮城道雄の作曲、近衛秀麿直麿兄弟編曲の『越天楽変奏曲』、山田耕筰の交響曲『明治頌歌』、レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏した近衛秀麿編曲の『越天楽』の放送が予定されていて、初回から片山色全開だなあと感心する。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック