2013年01月10日

千石規子が亡くなっていた 発熱でダウン(CLACLA日記)

 俳優の千石規子が、昨年の12月27日に亡くなっていたことが報じられる。90歳。
 新宿ムーランルージュなどでの舞台の活動ののち、映画界に入る。
 特に、黒澤明監督の一連の作品で重要な役柄を演じ、その後も映画、テレビドラマで活躍した。
 独特のエロキューションと、愛らしい容貌の持ち主で、黒澤監督の『醜聞』での、「危ない、実に危ない」が口癖の蛭田弁護士(志村喬)について、この弁護士のほうが危ないと主人公(三船敏郎)に忠告する、主人公と微妙な関係の女性役や、同じく黒澤監督の『野良犬』での、アイスキャンデーをくわえる女役、これまた黒澤監督の『生きものの記録』での、抑えに抑えた感情を最後の最後で破裂させる主人公(三船敏郎)の長男(佐田豊。佐田さんは、ご存命なのか?)の嫁役が、強く印象に残る。
(あっ、森崎東監督による『野良犬』のリメイク版にも、千石さんは出演していたはずだ)
 ほかに、成瀬巳喜男監督の『浮雲』や、岡本喜八監督の『近頃なぜかチャールストン』、熊井啓監督の『海と毒薬』、林海象監督の『私立探偵 濱マイク』シリーズ、テレビドラマでは、『江戸を斬る』でのおばば様役、『たけしくん、はい』でのお祖母さん役等、出演作多数。
 そういえば、『踊るさんま御殿』に、最晩年の千石さんが出演したことがあって、ちょうど三船美佳も出演していたのだが、父親の三船敏郎との共演のことや黒澤監督のことなどは一切話されていなかったように記憶している。
 もしかしたら、そうした部分はカットされてしまったのかもしれないけど。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 それにしても、昨年は千石さんまで亡くなってしまったのか…。


 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えた一日。

 気温はとても低く、寒さが激しく厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 昨夜、3時半まで仕事関係の作業を進める。


 朝起きて身体がどうにもだるく、体温を計ると熱が上がっていたため、犯罪学の受講を断念する。
 加えて、夜足を運ぶつもりだったカフェ・モンタージュでのリサイタルも断念する。
 悔しいかぎり。


 ペーター・マーク指揮ベルン交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」&序曲『静かな海と楽しい航海』<IMP>、リカルド・シャイー指揮ベルリン放送交響楽団他が演奏したツェムリンスキーの交響曲第2番他<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の筆入れを行ったりする。
 が、身体がだるく、低調なり。


 ジョン・ルカーチの『評伝ジョージ・ケナン』<法政大学出版局>を読了する。


 夕方になって、夕飯用の買い物のため外出する。
 こういうとき、一人暮らしは辛い。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック