2012年12月30日

年末雨の日 部屋で作業を進める(CLACLA日記)

 2012年も、残すところあと一日だ。


 雨天。
 雨が降り続ける、どんよりとしたお天気の一日となった。

 じめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 昨夜、村松友視の『裕さんの女房』<青志社>を読了し、西加奈子の『地下の鳩』<文藝春秋>を読み始める。


 その後、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 NHK・FMの『名曲のたのしみ最終回スペシャル』を断続的に聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『地下の鳩』を読み進めたりする。
 『名曲のたのしみ最終回スペシャル』では、音楽もそうだけど、やはり吉田秀和のお話がやはり聴きものだった。
 ところで、来年からは、片山杜秀の番組が始まるそうだ。
 これまた興味深い。


 途中、カルミナ・カルテットが演奏したドヴォルザークのピアノ4重奏曲第2番(テオ・ゲオルギューのピアノ)&弦楽4重奏曲第12番「アメリカ」<SONY/BMG>を聴く。
 CDレビューのアップのため。
 ほかに、ソプラノのドロテー・ミールズがミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったテレマンのアリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>や、山田一雄指揮旧日本フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番&プロコフィエフの交響曲第7番<タワーレコーズ>のCDレビューもアップする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、テレマンのアリア集を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『地下の鳩』を読み進めたりする。


 夕飯後、山田一雄のCDを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、文書類の整理を行ったりする。


 『地下の鳩』を読了する。
 西加奈子の作品を読むのは、『円卓』に続いてこれで2冊目だが、今後も読み続けていきたい作家だと思う。


 今日も、ギンビス・チョコアスパラガスビスケットを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック