2012年12月29日

大掃除を決行した(CLACLA日記)

 2012年も、残すところあと二日だ。


 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温も上昇し、穏やかな感じが強し。
 それでも皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進めたり、本谷有希子の『ぬるい毒』<新潮社>を読了したりする。


 せっかくのお天気ということもあり、お昼過ぎに大掃除を決行する。
 ベランダ、玄関、流し、浴室(排水溝等)・トイレと、気になるところの掃除を一気にすませることができた。
 ああ、すっきりした!


 仕事関係の作業を進めたり、村松友視の『裕さんの女房』<青志社>を読み始めたりする。
 「もうひとりの石原裕次郎」という副題のある『裕さんの女房』は、戦後を代表する銀幕スターの一人石原裕次郎と、その夫人石原まき子(北原三枝)の辿った道筋について、著者による石原まき子へのインタビューなどを交えながら綴った一冊。
 面白し。


 山田一雄指揮旧日本フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番&プロコフィエフの交響曲第7番<タワーレコード>と、ソプラノのドロテー・ミールズがミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったテレマンのアリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を2回ずつ聴く。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、カルミナ・カルテットが演奏したドヴォルザークのピアノ5重奏曲(テオ・ゲオルギューのピアノ)&弦楽4重奏曲第12番「アメリカ」<SONY/BMG>を2回聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『裕さんの女房』を読み進めたりする。


 今日は、ギンビス・チョコアスパラガスビスケットを食す。
 実家からの荷物に入っていたもの。
 チョコレートをコーティングしたおなじみアスパラガスビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック