2012年12月24日

気ぜわしい一日(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、雪がちらついたりもするお天気。

 気温もどどんと下がり、寒さがとても厳しくとても激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにお気をつけくださいね。


 昨夜、疲れていたので早く眠ろうと思っていたのだが、大切な用件があって結局3時過ぎまで起きている。
 まあ、仕方ない。


 朝早めに起きて、仕事関係の予定をすませる。
 同じ時間帯に行われていた、『ゆかいなどろぼうたち』の自主稽古に後ろ髪を引かれつつ。


 正午過ぎにいったん帰宅し、ソプラノのドロテー・ミールズがミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが歌ったテレマンのアリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 13時台に再び外出し、仕事関係の予定をすませる。
 ついでに西院のジョーシンに寄って、PCのマウス(バッファローコクヨサプライのぽんこつ品がついに動かなくなってしまった)や蛍光灯を購入する。


 帰宅後、仕事関係の作業を進めたり、Facebookの『ゆかいなどろぼうたち』関係のグループにアップされた映像を見ながらダンスをさらったり(身体は痛いがやっておかないと)、明日撮影予定の照沼組の台本をさらったりする。


 朝吹真理子の『きことわ』<新潮社>を読了する。


 18時過ぎに再び外出し、仕事関係の予定をすませる。


 世はクリスマス・イヴなれど、こちらは気ぜわしい一日。
 まあ、仕方ない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック