2012年12月17日

『井上ひさしの劇世界』を読了した(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は下がらず、穏やかな感じが続く。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、扇田昭彦の『井上ひさしの劇世界』<国書刊行会>を読み進めたりする。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進める。


 ヴァーノン・ハンドリー指揮ロイヤル・フィルが演奏したワーグナーの管弦楽曲集<Tring>を二度聴き、CDレビューをアップする。


 お昼過ぎに外出し、仕事関係の用件を片づける。


 帰宅後、午前中届いた、HMVのオンラインショップで注文しておいたCD2枚、ソプラノのドロテー・ミールズがミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったテレマンのアリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>と、仕事関係の作業を進めたり、カルミナ・カルテットが演奏したドヴォルザークのピアノ5重奏曲(テオ・ゲオルギューのピアノ)&弦楽4重奏曲第12番「アメリカ」<SONY/BMG>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の改訂作業を行ったり、『井上ひさしの劇世界』を読み進めたりする。


 夕飯後、再びドヴォルザークのCDを聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 『井上ひさしの劇世界』を読了する。
 大満足なり。
 そして、こういう時代からこそ井上ひさしに学ぶべきことは多々あると強く思う。


 続いて、ロバート・サーヴィスの『情報戦のロシア革命』<白水社>を読み始める。
 ロシア革命を巡るボリシェヴィキ側と西欧諸国との「情報戦」を克明に描いた一冊。
 本文等461頁、原注等94頁の大著だ。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック