2012年12月14日

小沢昭一の戦争反対の言葉に大きく心を動かされた(CLACLA日記)

 晴天からどんよりとしたお天気へ。
 明日は雨になるとのこと。
 やだなあ。

 気温は上昇する。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時半過ぎまで『ゆかいなどろぼうたち』をさらったり、仕事関係の作業を進めたりする。


 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 多和田葉子の『雲をつかむ話』<講談社>を読了する。
 名は体を表す、と言いたくなるような、巧みにたくまれた作品で、実に面白かった。
 ぜひともこんな小説を書きたいものだ。


 お昼過ぎに外出し、仕事関係の打ち合わせを行ったのち下京図書館へ。
 『雲をつかむ話』、笑福亭松喬の『おやっさん』<うなぎ書房>、松本平の『日活昭和青春記』<WAVE出版>、佐藤信の『60年代のリアル』<ミネルヴァ書房>、司修の『孫文の机』<白水社>、津村記久子の『とにかくうちに帰ります』<新潮社>を返却し、小沢昭一の『小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史』<朝日新聞出版>、扇田昭彦の『井上ひさしの劇世界』<国書刊行会>、ロバート・サーヴィスの『情報戦のロシア革命』<白水社>、西村賢太の『苦役列車』<新潮社>、朝吹真理子の『きことわ』<同>を新たに借りる。


 帰宅後、仕事関係の作業を進めたり、『小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史』を読み始めたりする。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<SONY/BMG>とトーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第4番&チェコ組曲<同>を聴き、それぞれのCDレビューをアップする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、仕事関係の打ち合わせを行う。


 打ち合わせ後、ヴァーノン・ハンドリー指揮ロイヤル・フィルが演奏したワーグナーの管弦楽曲集<TRING>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ゆかいなどろぼうたち』をさらったりする。


 『小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史』を読了する。
 先頃亡くなった小沢昭一の口演や、『徹子の部屋』での黒柳徹子とのやり取りをまとめたものだが、被爆地広島での敗戦直後の体験など、軍国少年を自認し海軍兵学校へ入校した経験を持つ小沢さんの戦争反対への強い想いがいずれもストレートに示されていて、大きく心を動かされた。

>ハーモニカは、私にとりまして平和の象徴であります。
 私は終生ハーモニカを手放したくありません。平和を手放したくありません。
 戦争はいやですね、どんな理由があろうとも。
 正義のため、世界平和に貢献のため。
 はっ!どんな理由があろうとも、あれは単なる人殺し大会ですよ、はい。
 戦後六十年も過ぎまして、なんだかその戦後がね、また戦前になっていくんじゃないかっていうような気がね、私どもなんか、そんな勘がするんでございます<

>だからね、どうもこの「愛国」という言葉が出てくると、それからすぐに戦争になるという気が私にはするんです。そういう体験を実際にしていたから。
 世の中同じようなことなんです。同じことを繰り返す。ですから愛国というのは何かコワイ……。
 いや、日本は好きですよ。日本しか知らないんだから、私は日本は好きですよ。
 好きですけど、日本と日本国というのでは、ちょっと違うんじゃないんですか。
 「国」となると、なんか恐いですね<
(以上、『小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史』から小沢さんの言葉より)

 それにしても、小沢さんや林光さん、新藤兼人監督や堀川弘通監督、山田五十鈴、森光子、三木睦子、吉田秀和、畑中良輔と、今年はあの時代をしっかりと記憶している人たちが次々と亡くなっていってしまった。
 それを果たして偶然と呼んでもよいのだろうか?


 続けて、『井上ひさしの劇世界』を読み始める。
 扇田昭彦が書き記した井上ひさし(小沢昭一とも浅からぬ関係にあった)に関する多くの文章をまとめた一冊。
 その批評の姿勢も含めて、扇田さんには本当に学ぶところが少なくない。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 北朝鮮がミサイルを発射したと思ったら、今度は中国か。
 なんというタイミングのよさ!!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック