2012年12月09日

詐欺師ペテン師やお先棒担ぎにご用心!(CLACLA日記)

 晴天。
 ただし、かすかに小雪もちらついていたか。

 気温は全く上昇せず。
 寒さが非常に厳しく激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 衆議院選挙真っ盛り。
 朝から選挙カーがかまびすしくやっている。
 世論調査の結果が新聞などを賑わしているが、「慈民党」なら投票するさ! の一語に尽きる。

 昨夜、4時半過ぎまで『ゆかいなどろぼうたち』をさらったり、仕事関係の作業を進めたりする。


 NHK・FMの『トーキング・ウィズ・松尾堂』や『きらクラ!』、ヴァーノン・ハンドリー指揮ロイヤル・フィルが演奏したワーグナーの管弦楽曲集<TRING>(2回)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 本当は、gate(KAIKA)を観に行きたかったのだが、我慢するほかなし。
 残念だけれど、仕方がない。


 途中、司修の『孫文の机』<白水社>を読み進めたり、『ゆかいなどろぼうたち』をさらったりもした。
 『孫文の机』に記されている足尾鉱毒事件のあらまし、政府や企業のやり口には、どうしても東京電力福島第一原子力発電所のことを思い起こさざるをえない。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 寒いったらありゃしない!


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、外山雄三指揮東京フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 リストのハンガリー狂詩曲第2番、ガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルー(江口玲のピアノ独奏)、外山さんの自作、沖縄民謡によるラプソディーに管弦楽のためのラプソディーと、どうやらラプソディーづくしの演奏会だったようだ。
 プログラミング自体は面白かったものの、オーケストラがときどきだらしのない音を出していて、あまり満足できず。

 続けて、ハンドリー指揮のワーグナーを再び聴く。
 無傷というわけではないけれど、楽器がきっちりと鳴っていて心地よい。
 これはけっこうな拾いものだ。
 できれば、同じハンドリー&ロイヤル・フィルのコンビによるホルストの組曲『惑星』他も手に入れたいと思う。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『孫文の机』を読了する。
 いろいろと考えることあり。

 続けて、津村記久子の『とにかくうちに帰ります』<新潮社>を読み始める。
 津村記久子の作品を読むのはこれが初めてだが、なかなかしっくりきそうな予感。


 今日は、東京カリント株式会社の白かりんとうを食す。
 卸売ひろばタカギで、税込み52円だったもの。
 餅は餅屋、かりんとうはかりんとう屋ということか?
 さくさくとした食感のオーソドックスなかりんとうで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 詐欺やらマルチ商法やらの類いにひっかかる人というのは、一度ならず二度三度と似たような手口やり口にひっかかってしまうと聴く。
 今度こそは、今度こそはと相手の口車に乗せられてしまうのか、それとも惰性で美味しい話に飛びついてしまうのか。
 中には、「確信犯」でひっかかって、自分は犯罪者にはならず、美味しいところだけをいただくという小賢しい人間もいるという。
 いずれにしても、詐欺師ペテン師のお先棒担ぎにはなりたくないものだし、そんな連中にだまされたくもないものだ。
 もちろん、詐欺師ペテン師にひっかかった人間のせいで、いっしょに地獄に落ちるなんて絶対に嫌だ!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック