2012年12月09日

寒さが厳しいのなんの(深夜のCLACLA)

 どんよりとした感じから、晴天へ。

 気温は上昇せず、寒さが厳しいのなんの。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、打ち上げの席から帰宅後、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 久しぶりにアルコールをきこしめしたこともあってか、覚悟の昼寝坊。
 起きてすぐに外出し、仕事関係の用件を片づけ、買い物をすませる。


 帰宅後、ヴァーノン・ハンドリー指揮ロイヤル・フィルが演奏したワーグナーの管弦楽曲集<TRING>、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<SONY/BMG>、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第4番&チェコ組曲<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、司修の『孫文の机』<白水社>を読み進めたりする。


 18時頃外出し、自転車で河原町へ。
 木屋町通の元立誠小学校の音楽室で、努力クラブ5『旅行者感覚の欠落』(合田団地君脚本・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、合田君をはじめ、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。


 三条のブックオフをのぞいたのち、仕事関係の予定をすませる。


 以上、12月8日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック