2012年07月20日

雨の一日(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 湿度が高く、じめじめむしむしとして全く快ならず。


 昨夜、ナイナイのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴く。

 続けて、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第3番&第4番「悲劇的」<RCA SONY/BMG>を聴く。

 続けて、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で、ベルギー・ブリュッセルの王立モネ劇場におけるヘンデルの歌劇『オルランド』公演(ルネ・ヤーコプス指揮)のライヴ録音を途中から聴く。
 高校野球の中継が雨でとんで、呑気なインストゥルメント音楽なんぞ流しているもんだからCDを聴いたというのに…。
 てか、そもそもFMで高校野球の中継をやること自体なんだかなあと想い続けているのだ、高校時代から。
 なかなかの演奏だっただけに、全曲聴くことができず残念だ。

 続けて、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏したシューベルトの交響曲第5番&序曲集<SONY/DHM>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』の筆入れを行ったり、新藤兼人監督の『第五福竜丸』の映画記録をアップしたり、木内昇の『笑い三年、泣き三月。』<文藝春秋>を読み進めたりする。


 今日は、今からみなみ会館で、谷口正晃監督の企画上映を観る予定なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック