2012年07月02日

同志社大学寒梅館まで足を運んだ(CLACLA日記)

 晴天。
 いい青空、いいお天気になる。

 気温も上昇し、暑さが厳しい一日。
 暑い暑い暑い暑い。


 大飯原子力発電所の3号機が再稼働した翌日に、姫路第2発電所(火力発電所)の4号機が故障して運転を停止したという。
 まあ、いくらなんでも「そこまで」はやらないだろう…。

 そういえば、昨日から牛肉の生レバーの販売が禁止されたんだった。
 僕自身は、生肉、まして生レバーは好んで食べたいものではないけれど。
 いろいろと考えることはあるなあ。
 例えば、安全安心ってなんなのか?とか。


 昨日は、夕方前に外出し、大阪恵美須町へ。
 激しい雨だったため、マクドナルドでしばらく時間をつぶし、中古CDショップなどをのぞいてから、インディペンデントシアター2ndで、ピンク地底人 暴虐の第10回公演『明日を落としても』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 終演後、出演者の勝二繁(親しみを込めて敬称略)としばらく話しをしたほか、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。

 その後、同じ回をたまたま観に来ていた映画監督の西尾孔志さん(『とまる。』でレビューを書き合った仲だが、親しくお話するようになったのは、実は『とまる。』の体制が変わって、お互いの連載がなくなってしまってからだ)、佐々木峻一君、合田団地君、作道雄君と近くの大阪王将に移動し、あれこれ話しをする。


 24時を過ぎての帰宅後、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 真向かいのマンションがまたぞろ朝からかまびすしい。
 ええかげんにせんか!!


 午前中一度外出し、買い物をすませる。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第3番&第4番「悲劇的」<RCA SONY/BMG>、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏した同じくシューベルトの交響曲第5番&序曲集<SONY/DHM>、ダニエレ・ガッティ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したドビュッシーの管弦楽曲集<SONY/BMG>を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、許光俊の『最高に贅沢なクラシック』<講談社現代新書>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、仕事関係の予定をすませたのち、同志社大学寒梅館へ。
 クローバーホールで開催されたSTEP BY 映画24区KYOTO vol.1のうち、シマフィルム代表の志摩敏樹さんと映画24区代表三谷一夫さんの対談(田中誠一さんの司会)を聴かせてもらう。
 少し発言を行ったほか、関係各氏と話しをしたりする。

 田中さんにあいさつののち同志社大学をあとにし、別の仕事関係の予定をすませる。


 帰宅後、ドビュッシー、ジンマンのシューベルトを続けて聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『最高に贅沢なクラシック』を読了する。
 ああ、面白かった!
(って、こういう書き方はあんまり合ってないような気もするが…)


 今日は、バターテイスト・チョコバタークッキーを食す。
 堀川今出川のローソンストア100で購入したもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック