2012年05月27日

吉田秀和を悼み、立川志の輔独演会を愉しんだ(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温が上昇し、暑さを強く感じた一日。
 暑い暑い。


 音楽評論家の吉田秀和が亡くなった。98歳。
 音楽評論を中心とした文筆活動とともに、子供のための音楽教室の初代室長を務めたり、水戸芸術館館長として運営に関わったりするなど、多方面で活躍した。
 また、NHK・FMの『名曲のたのしみ』でも、長年解説の任にあたった。
(そういえば、昨日の夜も、『名曲のたのしみ』の終わりのほうを聴いたんだった)
 日本を代表する音楽評論家と言っても過言ではなく、音楽評論のジャンルでのその影響は、やはり計り知れない。
 僕自身も、中学高校時代と、吉田さんの『世界の指揮者』<新潮文庫版>や『音楽 展望と批評』<朝日文庫。三分冊>を表紙が擦り切れるほど読み返したものだ。
 深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 今年の初めに亡くなった林光さんが、吉田さんについて次のように記している。
(若き日の林光さんは吉田秀和と度々演奏会や音楽について親しく語り合う機会を得ていたという)
>吉田さんと、音楽について、とくについさっき聴いてきたばかりの曲や演奏のあれこれについてしゃべりあうのは、私にとって単純にたのしかった、というのが正直なところだ。
(中略)いま思えば、吉田さんのそういったおしゃべりのうまさと、吉田さんの音楽批評とは、一本の糸でつながっている。それは、この国の音楽批評家のなかでは、ほんとうに独特なことで、吉田さんの判断、つまりモノサシの目盛りには、ずいぶんと疑問をいだくときもあるようになった、二十何年後のこんにちでも、音楽を聴いたすぐあとで、それについて、勝手放題たのしいおしゃべりをしてみたいなと思う相手が、演奏家や同業の作曲家なら、指折り数えて思いうかぶが、批評家となると、さて吉田さんのほかにだれがいるだろう<
林光さん『私の戦後音楽史』<平凡社ライブラリー>の9「毎日ホールの日々」より。


 昨夜、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 朝早くから、真向かいのマンションがかまびすしい。
 腹立たしいかぎり。
 ええかげんにせいよ、このあほんだら!!


 NHK・FMの『名演奏ライブラリー』で、イギリスのピアニスト、ジョン・オグドンの演奏を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、川上弘美の『天頂より少し下って』<小学館>を読み進めたりする。


 正午過ぎに外出し、阪急で梅田まで出、そこから環状線で森ノ宮へ。
 旧知の松田裕一郎さんからのご招待で、森ノ宮ピロティホールにて、立川志の輔独演会を愉しむ。
 ここのところテレビもないものだから、久しく立川志の輔の姿に接していなかったが、めっきり頭も白くなり、声も一層渋辛くなり(まるで斎藤晴彦みたい)、大師匠の風格がぐぐんと増したように思う。
 チラシには、『中村仲蔵』のみが演目として上がっていたが、それだけではなんだということで、休憩前に『ハナコ』という題名の新作落語が演じられる。
 くどいほどの言葉の布石がラストできっちり活きてくるとてもくすぐりの多い噺で、実に面白かった。
 で、メインの『中村仲蔵』は初代中村仲蔵の舞台上での成功を描いた噺だが、みっちり語り込んで、と言うより、たっぷり造り込んで仕立て直したと評したくなるような約1時間半の長講となる。
 松田さんも話していたが、先代の正蔵(彦六)や円生の口演に慣れ親しんだ人間としては、へえここまで語り込むんだという驚きもあったが、やはりこの長尺を持ち応える立川志の輔という落語家、芸の人の力量には改めて強く感心もした。
(松田さんによると、志の輔さんばかりでなく立川談春もこうした造り込み仕立て直しをよくやっているらしい)
 立川志の輔の実演に接するのは、かれこれ15年近くぶりになるが、こうやってたっぷり彼の落語を愉しむ機会を与えてくれた松田さんには、心より感謝するばかりだ。

 その後、玉造駅近くのごえんやという店に入って、美味しい料理を味わいながら、松田さんと話しをする。
 落語についてや、昨夜松田さんも観たという第15次笑の内閣『ツレがウヨになりまして。』をはじめお芝居のこと、最近のCLACLA日記の観劇記録の甘さなど、あれこれ意見交換ができて、本当に愉しかった。

 阪急で河原町へ向かい、松田さんと別れたあと、タワーレコードやブックオフをのぞき、21時半頃帰宅した。


 帰宅後、仕事関係の作業を進めたり、『天頂より少し下って』を読み進めたりする。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック