2012年05月16日

外出前の日記(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空となる。

 気温も上昇する。


 昨夜、京都文化博物館まで行って、3Fのフィルムシアターで小津安二郎監督の『お茶漬の味』を観る。
 詳しくは、前回の記事(映画記録)をご参照のほど。

 上映終了後、ちょうど同じ回を観に来ていた、京都造形芸大映画学科の岩佐悠毅君と夕飯をとりながら、いろいろと話しをする。
 岩佐君とは、月世界旅行社のマチヤ映画夜行や同じ造形芸大の小川泰寛監督の『ネックレス』の現場等で度々接してきた間柄だ。

 24時過ぎに帰宅後、5時近くまで仕事関係の作業を進める。


 午前のうちに起きて、クリスチャン・フェラスが弾いたヴァイオリン小品集<ドイツ・グラモフォン>を4度続けて聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、高井英幸の『映画館へは、麻布十番から都電に乗って。』<角川書店>を読み進めたりする。


 今日は、これから京都文化博物館のフィルムシアターで今井正監督の『にごりえ』を観る予定なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック