2012年03月17日

仕事関係の予定ののち、図書館へ(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上昇するも、むしむしじめじめとしてあまり快ならず。

 雨でも花粉禍はあり、目の周りがしばしばし、時折くしゃみを連発する。
 やれやれ。


 昨夜、仕事関係の作業を進める。


 花粉禍等で、体調あまり芳しからず。
 様々なお芝居の公演が重なっているものの、ほとんどパスせざるをえず。
 残念だが、仕方ない。


 仕事関係の作業を進める。


 16時ちょうどに外出し、仕事関係の予定を片づけたのち、下京図書館へ。
 大村彦次郎の『ある文藝編集者の一生』<筑摩書房>、松原一枝の『改造社と山本実彦』<南方新社>、四方田犬彦の『ハイスクール1968』<新潮社>、島田雅彦の『悪貨』<講談社>、戌井昭人さんの『俳優・亀岡拓次』<フォイル>を返却し、予約しておいた大村彦次郎の『時代小説盛衰史』<筑摩書房>、磯野理の『東宝見聞録』<アスペクト>、伊藤隆の『評伝 笹川良一』<中央公論新社>、四方田犬彦の『先生とわたし』<新潮社>、小川洋子の『原稿零枚日記』<集英社>を新たに借りる。

 ついでに夕飯用の買い物をすませ、17時半過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ジョン・バルビローリ指揮ベルリン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番<EMI>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『時代小説盛衰史』を読み始め、読み進めたりする。


 夕飯後、NHKラジオ第1の真打ち競演を聴く。
 ロケット団の手堅い漫才(以前、新宿末広亭で実演に接し感心した)、おなじみのケーシー高峰、三遊亭歌之介の『転失気』が放送されていた。
 あと、ケーシー高峰が放射能(汚染)について語り、ロケット団と歌之介は東京電力をおちょくっており、ちょっと「おお」と思う。

 続けて、NHK・FMの名曲のたのしみを聴く。
 エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したバラキレフの交響曲第1番〜第1楽章と第4楽章他が放送されていた。
 それにしても、吉田秀和翁健在だなあ。
 小澤征爾が一年間の休養に入ったというのに。


 仕事関係の作業を進めたり、『時代小説盛衰史』を読み進めたりする。
 『時代小説盛衰史』は、明治末から大正、昭和にかけての時代小説の勃興と発展、衰退を綴った一冊である。


 今日は、エヌエス・インターナショナルのミルククッキーを食す。
 近くのドラッグストアユタカで、10パーセントびき、税込み90円だったもの。
 あっさりした甘さのタイ原産のクッキーで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック