2012年03月16日

花粉禍…(CLACLA日記)

 晴天。
 ただし、明日は雨降りとか。
 やれやれ。

 気温はそこそこ上昇する。
 その分、花粉禍が激しくなり、顔ががさがさし目の周りのまわりがしばしばし、くしゃみ連発する。
 やれやれ。

 加えて、一昨日の撮影の後遺症で、頭、首、喉、肩、背中、腰が痛む。
 やれやれ。


 評論家の吉本隆明が亡くなった(87歳)。
 戦後日本を代表する評論家の一人。
 そして、作家の吉本ばななの父親でもある。
 深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、仕事関係の作業を進める。


 KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』やNHK・FMの『気ままにクラシック』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』について考えたりする。


 17時台に外出し、京都芸術センターで用件を片づけたのち、京都文化博物館のフィルムシアターで伊丹万作監督の『赤西蠣太』を観る。
 詳しくは、前回の記事(映画記録)をご参照のほど。

 上映終了後、夕飯用の買い物をすませ、20時台に帰宅した。


 夕飯後、ラルキブデッリの演奏したブラームスの弦楽6重奏曲集<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


>五年も十年も人の臀に探偵をつけて、人のひる屁の勘定をして、それが人世だと思ってる。
 さうして人の前へ出て来て、御前は屁をいくつ、ひった、いくつ、ひったと頼みもせぬ事を教へる。
 前へ出て云うふなら、それも参考にして、やらんでもないが、後の方から、御前は屁をいくつ、ひった、いくつ、ひったと云ふ。
 うるさいと云へば猶々云ふ。
 よせと云へば益々云ふ。
 分ったと云っても、屁をいくつ、ひった、ひったと云ふ<
(夏目漱石『草枕』より)


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック