2012年03月12日

寒かった一日(CLACLA日記)

 午前中、雪が降る。
 その後青空が見えるも、どんよりとした感じも強く、夕方には再び雪(雨?)が降る。

 気温もぐっと下がり、寒さが非常に厳しい一日となる。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎、インフルエンザにはお気をつけくださいね。

 それでも花粉の飛散はけっこう激しいようで、目の周りがしばしばしたり、時折くしゃみが出たりする。
 やれやれ。


 昨日、責任を果たすということについていろいろと考える。


 昨夜、仕事関係の作業を進める。

 近くのビルの塗装工事が始まるのか、朝早くから作業台を組んでいて、非常にかまびすしい。
 寒い中、作業をしている人たちは大変そうだったが。

 午前のうちに、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾きはあまりよくないが、まあ仕方ない。

 結局、夕方の買い物以外は外出せず、部屋で仕事関係や勉強会関係の作業を進めたり、『高森みずきの穏やかな一日』について考えたり、戌井昭人さんの『俳優・亀岡拓次』<フォイル>を読み進めたりする。


 ジョン・バルビローリ指揮ベルリン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番<EMI>、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番&第2番<SONY>を聴く。
 CDプレイヤーの調子が芳しくなく、マーラーの途中で何度も停まってしまう。
 うむむむむ。


 夕飯後、再びブラームスの弦楽6重奏曲集とマーラーの交響曲第9番を聴く。
 CDプレイヤーの調子、やはり芳しくない。
 ああ…。


 仕事関係や勉強会の作業を進める。


 『俳優・亀岡拓次』を読了する。
 ああ、面白かった!


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック