2012年03月07日

部屋で多くを過ごした一日(CLACLA日記)

 どんよりとした感じが強し。

 気温も思ったほどには上昇せず。
 それでも花粉は飛び回っているようで、時折くしゃみが出る。
 やれやれ。


 明け方5時過ぎまで、仕事関係の作業を進める。


 ジョン・バルビローリ指揮ベルリン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番<EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『モノは試し』の手直しを行ったり、四方田犬彦の『ハイスクール1968』<新潮社>を読み始めたりする。
 『ハイスクール1968』は、四方田犬彦が自らの青春時代(1968年4月〜1972年3月)を綴った一冊だ。


 シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの劇音楽『夏の夜の夢』ハイライト他<DECCA>を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 結局、夕方の買い物以外は外出せず。


 夕飯後、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番&第2番<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『ハイスクール1968』を読み進めたりする。


 で、今から仕事関係の用件で外出する予定なり。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 小澤征爾が一年間の休養に入ると。
 3月の小澤征爾音楽塾の『蝶々夫人』もキャンセルとなった。
 どうしてもっと早く決断しなかったのだろう。
 なんとも納得のいかない話だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック