2012年03月04日

3月3日の日記(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温もそこそこに上昇したか。
 それほど寒さは感じず。

 まだ花粉禍は激しからず。
 ほっとする。


 昨夜、仕事関係の作業を進める。


 シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの劇音楽『夏の夜の夢』抜粋他<DECCA>、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番&第2番<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、大村彦次郎の『ある文藝編集者の一生』<筑摩書房>を読み進めたりする。


 16時少し前に外出し、河原町へ。
 Avisをのぞいたあとアートコンプレックス1928まで行って、京都ロマンポップのさかあがりハリケーンvol.5『ミミズ50匹』(向坂達矢さん脚本・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 向坂さんほか、関係各氏と話しをしたり、あいさつをしたほか、笑の内閣の5月公演のチケットを購入したりもした。

 で、終演後いろいろとあって、帰宅が23時55分となる。


 帰宅後、ブラームスの弦楽6重奏曲集を聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 以上、3月3日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック