2011年12月25日

努力クラブ3『無目的ビーム』

☆努力クラブ3『無目的ビーム』

 作・演出:合田団地
(2011年12月25日、壱坪シアタースワン)


 神をも畏れぬ所業、と言うが、クリスマスを間に挟んでこういう芝居をやってしまうんだから、それこそ合田団地は神をも畏れぬ人間だ。
 なんて言い方は大げさにすぎるかな。
 でも、合田団地が創り出す劇世界に乗れない人、好きになれない人というのは、もしかしたら笑いのセンスの違いがどうこう以前に、彼の持つサタニッシュさ、よりわかりやすく言えば人の悪さ(これは誉め言葉でもある)、斜に構えた部分を敏感に感じ取っているのかもしれない。

 で、ほっこりほこほこした展開(例えば、この前の劇団テンケテンケテンケテンケ)やリリカルな情景(例えば、この前の月面クロワッサン)が好きな半面、心の中にどこか意地の悪さを抱えた人間にとっては、今回の『無目的ビーム』はけっこうツボにはまる内容だった。
 大きな笑いの仕掛けもそうだけど、十二分に計算されたヘタウマの極とでも言いたくなるような作品の結構と、重箱の隅までつつくような細かいくすぐりのやってるやってる感が個人的には興味深く、面白かった。
(ちょっと残念だったのは、壱坪シアタースワンに満員のお客さんが入っていたということで、隣の席の人との境界があまりにも狭く、おまけに左の首筋、肩、腕を昨夜捻っていたというのに、左側の席に「無意識の越境主義者」のお客さんが座っていたため身体がこわばってしまい、時折気が散ってしまったこと。もちろん、努力クラブにとって大盛況というのはとてもめでたいことなのだが)

 演者陣は大奮闘。
 客席との距離の近さもあって、いろいろと透けて見えるものもありはしたのだけれど、まずもって本当にお疲れ様でした。

 いずれにしても、合田団地が次回の公演で何を仕掛けてくるかを心待ちにしたい。
posted by figarok492na at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック