2011年12月24日

クリスマス・イヴ!(CLACLA日記)

 クリスマス・イヴ!


 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。
 時折、小雨もぱらついたりする。

 気温は全く上昇せず、寒さが非常に厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎、インフルエンザにお気をつけくださいね。


 仕事関係の作業を進めたり、毛利眞人の『貴志康一 永遠の青年音楽家』<国書刊行会>を読み進めたりする。


 お昼過ぎに外出し、仕事関係の予定をすませる。

 ついでに下京図書館へ寄り、津野海太郎の『滑稽な巨人』<平凡社>と『おかしな時代』<本の雑誌社>を返却し、予約しておいた諸永裕司の『葬られた夏』<朝日新聞社>、石井美樹子の『マリー・アントワネットの宮廷画家』<河出書房新社>、松下裕の『チェーホフの光と影』<筑摩書房>、中島京子の『小さいおうち』<文藝春秋>、小川洋子の『ミーナの後進』<中央公論新社>、堀江敏幸の『書かれる手』<平凡社>を新たに借りる。


 帰宅後、ハウスムジークが演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>を2回聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 続けて、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団他が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱つき」<Arte Nova>、アレクサンダー・リープライヒ指揮ミュンヘン室内管弦楽団が演奏したロッシーニの序曲集<SONY>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『貴志康一 永遠の青年音楽家』を読み進めたりする。


 明日がいい日でありますように!
 そして、いいクリスマス・イヴでありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック