2011年12月21日

森田芳光が亡くなった(CLACLA日記)

 映画監督の森田芳光が亡くなった(61歳)。
 振り幅が激しいというか、様々なタイプの作品を遺したが、個人的には商業映画デビューの『の・ようなもの』、そしてラストのぶち壊しが未だに忘れられない『家族ゲーム』を挙げておきたい。
 そうそう、初めて観たときは、「なんじゃこりゃ!」と思った『それから』だけれど、10年ぐらい経って再見したときはそれほど悪い印象は受けなかったんだった。
 それにしても、急過ぎる。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 気温は今日も上昇せず、寒さが厳しい一日だった。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎、インフルエンザにはお気をつけくださいね。


 昨夜、チェンバロのトン・コープマンが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前々回の記事をご参照のほど。


 午前のうちにかかりつけの病院に行って診察してもらい、スギ薬局で薬を受け取る。
 ついでに、グルメシティで買い物をする。


 帰宅後、仕事関係の作業を進めたり、津野海太郎の『おかしな時代』<本の雑誌社>を読み進めたりする。
 『おかしな時代』は、実に面白い。


 ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>を2回聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 ほかに、リカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第5番<EMI>を聴く。


 夕飯後、シューベルトのCDを2回聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『おかしな時代』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック