2011年12月19日

金正日もハベルも死んだ(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も低めで、厳しい寒さの一日となった。


 北朝鮮の最高指導者、金正日総書記が亡くなったという(69歳)。
 今後の朝鮮半島情勢などについていろいろと考える。
 黙祷。
(ネットニュースで彼の顔写真を観て、やっぱり中村梅之助に似ているなあと思った)

 チェコのヴァーツラフ・ハベル前大統領も亡くなった(75歳)。
 劇作家として活躍したのち、ビロード革命の立役者となり、チェコスロヴァキア大統領、続いてスロヴァキア分離後のチェコの初代大統領となる。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 6時過ぎに帰宅後すぐに寝床に入り、13時台になって起きる。


 今日は、夕方の買い物以外外出せず、リカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第5番<EMI>を3回聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『爛れる』の手直しを行ったり、津野海太郎の『おかしな時代』<本の雑誌社>を読み進めたりする。


 夕飯後、シューベルトのCDを繰り返し聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『爛れる』の手直しを行ったり、『おかしな時代』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 連日の朝方様で疲れる。
 健康管理に気をつけておかなければ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック