2011年12月19日

連日の朝方様だ!(昨日のCLACLA)

 マチヤ映画夜行から帰宅後、すぐに寝床に入り、14時ちょうどに起きる。

 雑件を片づけたのち、16時少し前に外出し、市バスで東福寺へ。
 スペースイサンで劇団テンケテンケテンケテンケ第7回公演『雪もつもれば』(勝二繁君作・演出)を観る。
 詳しくは、前々回の観劇記録をご参照のほど。
(観劇記録には記さなかったが、「雪やこんこ」と「雪やこんこん」、さらには勝二君が劇中発する言葉が『爛れる』の内容と大きく重なっていて、非常に驚く。ただし、『爛れる』のほうは、成瀬巳喜男と西川美和を強く意識した姉妹の話で、『雪もつもれば』の世界観とは全く反対な寒々しい内容となっている)

 開演前終演後、勝二君やスペースイサンの松浦武男さんをはじめ、関係各氏と話しをする。

 さらに、膝の具合に気をつけながら、ばらしを少し手伝い、打ち上げに参加する。

 そして、帰りの足がなくなった人たちとともに、四条大宮のマクドナルドで朝方まで話しをし、6時過ぎに帰宅した。
 連日の朝方様だ!
posted by figarok492na at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック