2011年12月10日

それにしても寒くなったなあ!(深夜のCLACLA)

 晴天。
 なれど、どうも小雪がちらついたりしていたよう。

 気温もぐぐっと下がり、厳しい寒さの一日となる。
 特に、夕方以降の冷え込みの激しさといったらああた!
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 チェンバロのトン・コープマンが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>やピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、依頼された原稿の第一稿を書き上げたり(字数を超えた上に、大味な内容となってしまった。まだ〆切まで時間があるので、なんとか手直ししないと)、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 『井上ひさし全選評』<白水社>を読了し、坪内祐三の『文庫本福袋』<文藝春秋>を読み始める。


 17時40分頃外出し、トーカイ四条烏丸店で切符を買ってから、地下鉄で松ヶ崎へ。
 アトリエ劇研で用件を片づけたのち、人間座スタジオで、フク団ヒデキの第二回公演「『ブレーん』か『ぶれーン』なブレーン」(福田英城君作・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 終演後、福田君や出演者の小川晶弘君、スタッフとして入っていた山野喜劇名詞君とあいさつをしたり、開演前に同じ回を観に来ていた市川タロ君と話しをしたりする。

 その後、夕飯用の買い物をすませて、22時少し前に帰宅した。


 遅めの夕飯後、ハウスムジークが演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『文庫本福袋』を読み進めたりする。


 今日は、ヤマザキのロールケーキバニラを食す。
 フレスコのセールで、税込み95円だったもの。
 オーソドックスなロールケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、12月9日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック