2011年12月05日

筒井加寿子さんのアクターズラボ公演クラス講師就任を心より祝す(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
 晴れの日は、やっぱり気持ちがいいや。

 気温は思ったほどには上昇せず。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 NPO劇研主催のアクターズラボの公演クラスだが、今年度で三年の任期を終える田中遊さん(残念)の後任の講師に、筒井加寿子さんが選ばれたことを知る。
 詳しい理由はあえて省略するけれど、前々から公演クラスの講師には筒井さんがいいのではと公言してきただけに、この知らせは実に嬉しい。
 田中さんと同じく、実り多い公演クラスとなることを心より祈願する。


 体調を考慮して、今日は夕方の買い物以外は外出せず、部屋で作業を進める。
 まず仕事関係の作業を進め、次に依頼された原稿について考え、『爛れる』を書き進め第一稿を完成させた。
 『爛れる』は、もっと細部まで詰めていかなければ。

 ほかに、『井上ひさし全選評』<白水社>を読み進める。


 ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>を2回聴き、ハウスムジークが演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>、チェンバロのトン・コープマンが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>を聴く。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、エサ・ペッカ・サロネン指揮ハンブルクNDR交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 バルトークの弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽、管弦楽のための協奏曲が演奏されていたが、確かサロネンは、同じカップリングでロスアンジェルス・フィルとのCDをリリースしていたはずだ。
 細部まで目配りの届いたシャープな演奏だが、会場(ライスハレ)のせいで若干もわっとした感じがしないでもなかった。
 それにしても、バルトークのこの二つの作品を聴くと、どうしても下山定則国鉄総裁の怪死(下山事件)を扱ったNHKのドラマ『空白の900分』を思い出してしまう。
 ドキュメンタリータッチの展開に、バルトークの音楽がよく乗っていたのだ。
 その点、同じ題材の熊井啓監督の『日本の熱い日々』は、佐藤勝の大甘な音楽で損をしているような気がする。
 なお、余った時間で、メゾソプラノのマグダレーナ・コジェナーがトマーシュ・ネトピル指揮シュターツカペレ・ドレスデンの伴奏で歌った、マーラーのリュッケルトの詩による歌曲集も放送されていた。
 こちらは、コジェナーの美声が強く印象に残った。

 続けて、再びケルビーニのCDを聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進め、『爛れる』の手直しを少し行い、『井上ひさし全選評』を読み進める。


 今日は、多田製菓のもみじまんじゅうを食す。
 千本三条のローソンストア100で、50円びきだったもの。
 オーソドックスなもみじまんじゅうで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 朝日新聞朝刊が、人工栄養法(「胃ろう」など)の中止を認める指針案を厚生労働省の研究班が公表した旨伝えている。
 高齢者の負担や苦痛を回避し、自然に死を待つというその理由は充分に納得がいく。
 けれども、果たしてそれだけが今回の指針案の目的なのか、また実際に「理想通り」に事が進むのか、全くの疑念がないわけではない。
 いずれにしても、どうしても自分自身のこと(両親のことも含む)として考えざるをえず。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック