2011年11月30日

11月末日、市バスで移動しまくる(CLACLA日記)

 今日で11月も終わり。
 2011年も、残り一ヶ月となってしまった。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、死を忘れないこと。


 イギリスの映画監督、ケン・ラッセルが亡くなった(84歳)。
 『恋する女たち』や『肉体の悪魔』、『マーラー』、『クライム・オブ・パッション』、『ゴシック』、『サロメ』といった作品が記憶に残る。
 また、ホルストの惑星の映像化や『アリア』(オムニバス作品のうち、『トゥーランドット』を担当)など、クラシック音楽とのつながりの深い監督でもあった。
 過激過剰というか、いっちゃった感の強い作品の造り手だったのではないか。
 深く、深く、深く黙祷。


 青空からどんよりとした感じのお天気へ。
 小雨もぱらついたりする。

 気温は今日も上昇し、穏やかな一日だった。
 その分、今後の急な冷え込みが恐ろしいが。
 そして、皆さんくれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 チェンバロのトン・コープマンが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>を聴いたりしながら、仕事関係や企画関係の作業を進めたり、井上ひさしの『一週間』<新潮社>を読み進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 お昼過ぎに外出し、郵便局に寄り、近くの金券ショップ・トーカイ四条大宮店で市バスの一日乗車券を購入する。

 11号の市バスで西院へ。
 ダイソーでプラチナの万年筆用インクカートリッジを購入しジョーシンへ足を運ぶも、目当てのセールの蛍光灯は売り切れなり。
 がっくり。

 26号の市バスで烏丸松原まで出、TAGで切り抜き用のファイルを購入する。

 5号の市バスで東山三条まで行き、わざと古川町商店街を通って(京都生活20数年にして、この商店街をぶらぶらしたことがなかったのだ)、東山いきいき市民活動センターへ。
 会議室の予約をすませる。
 演劇関係の勉強会のためである。

 いくつか大切な用件をすませたのち、河原町に出る。
 で、仕事関係の予定をすませ、寺町のストアデポでノートを購入したところで、劇団ZTONの焼酎ステラさんから声をかけられ、少しだけ立ち話をする。
 今週末の公演に関してだが、スケジュール的にちょっと厳しいような。

 その後、四条通まで歩く。

 201号の市バスで千本三条に向かい、ローソンストア100と卸売ひろばタカギで買い物をすませる。

 206号の市バスで京都駅まで出、ビックカメラでようやく蛍光灯を購入する。
 ざまあみろジョーシン!

 206号の市バスで四条大宮に戻り、フレスコで買い物をすませ、19時頃帰宅した。


 帰宅後、ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>、ハウスムジークが演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>、コープマンのバッハを聴く。


 仕事関係の作業を進め、11月の創作活動についての総括を行ったのち、『一週間』を読み進め、読了する。
 井上ひさしのこれまでがそこここに埋め込まれている、読み応えのある一冊だった。
 惜しむらくは、井上さんの加筆修正が行われなかったことだが、読んでおいてよかったと思える作品であることに変わりはない。


 今日も、菓子庵丸京のさつまいも蒸しまんじゅうを食す。
 昨日の残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 そして、12月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック