2011年11月27日

久しぶりに遠出をしなかった一日(CLACLA日記)

 一応青空は見えつつも、どんよりとした感じも増す。

 気温は若干上昇し、比較的穏やかな一日となった。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 今日は、久しぶりに夕方の買い物以外は外出せず、部屋で仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりして過ごす。


 堀江敏幸の『未見坂』<新潮社>を読了する。
 後半、雪沼の話が出て来たりして、おっと思う。

 続けて、井上ひさしの『一週間』<同>を読み始める。
 シベリアに抑留された小松修吉という一人物を主人公とした作品だが、その冒頭より井上ひさしの狙いがはっきりと示されているように感じる。
 読み進めていくのが、とても愉しみだ。


 チェンバロのトン・コープマンが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>を2回聴き、ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>、ハウスムジークが演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>を聴く。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのFMシンフォニー・コンサートで、下野竜也指揮大阪フィルの定期演奏会のライヴ録音を聴く。
 バッハ(ベリオ編曲)のフーガの技法からコントラプンクト19、ボッケリーニ(同)のマドリードの夜の帰営のラッパの4つの版、ブルックナーの交響曲第2番が演奏されていた。
 ところで、大阪フィルの新しいシェフって、いったい誰になるんだろう?

 続けて、再びベートーヴェン&シューマンのCDを聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『一週間』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 大阪のダブル選挙で、橋下徹(市長)と松井一郎(知事)の当選が確実になったとのこと。
 ある程度予想はしていたが…。
(あえて「自己責任」という言葉を使ってみたくなるなあ)


 明日が本当にいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック