2011年11月24日

矯正教育学でロールプレイングの試演を行った(CLACLA日記)

 少しどんよりとした感じはありつつも、一応晴天の一日。

 再び気温が下がり、寒さが厳しくなる。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 堀江敏幸の『未見坂』<新潮社>を読み始める。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7(8)番「未完成」他<RCA>を2回繰り返して聴く。


 14時過ぎに外出し、演劇関係の勉強会のメンバーとおち合い、地下鉄でくいな橋まで出、龍谷大学深草校舎へ行く。
 で、勉強会のメンバーをゲストに迎え矯正教育学の講義内で、ロールプレイングのウォーミングアップや試演を行う。
 学生の皆さんの刺激になったのであれば幸いだ。

 その後、簡単な反省会を行ったのち、仕事関係の用件を片づけてから、21時半頃帰宅した。


 帰宅後、遅めの夕飯をすませ、仕事関係の作業を進める。


 ジンマン指揮によるシューベルト、チェンバロのトン・コープマンが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>、ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>を続けて聴く。


 今日は、Pascoの焼きドーナツ抹茶を食す。
 フレスコで、3割引、税込み70円だったもの。
 あっさりした味わいの抹茶風味の焼きドーナツで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 利害に敏感な生き方自体否定はしないけれど、都合のよい方向にばかりふらふらふらふら動き続けるということには、正直あまり感心できない。
 ぶれないこと、あえて遠回りすることの大切さを痛感する今日この頃だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック