2011年11月21日

演劇関係の勉強会に参加した(CLACLA日記)

 晴天。

 気温がさらに下がり、厳しい寒さを感じる一日となる。
 皆さん、くれぐれも風邪や肺炎にはお気をつけくださいね。


 仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 坪内祐三の『一九七二』<文藝春秋>を読み進める。
 連合赤軍に関する記述考察が、他のエピソードを絡め合わせながら続いている。
 連合赤軍をはじめ、かつての学生運動に関しては、改めて調べ直し考え直したい問題である。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7(8)番「未完成」他<RCA>を2回聴き、チェンバロのトン・コープマンが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのフランス組曲集<ERATO>、ピアノのエマニュエル・アックス他が演奏したベートーヴェン&シューマンのピアノ4重奏曲<SONY>を聴く。


 18時過ぎに外出し、大垣書店四条店で『ぶらあぼ』12月号を入手し、仕事関係の用件を片づけ、ブックオフでまたまた中古CDを1枚購入(50円の割引レシートを使ったので、450円なり)してから、東山いきいき市民活動センターへ。
 演劇関係の勉強会に参加する。

 終了後、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりしたのち、バスを利用し、22時台に帰宅した。


 遅めの夕飯後、早速購入したばかりのハウスムジーク(イギリスのピリオド楽器アンサンブル)が演奏したケルビーニの弦楽4重奏曲第3番&第4番<CPO>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『一九七二』を読み進めたりする。

 続けて、ジンマン指揮によるシューベルトを聴く。


 今日は、キタガワのシナモンオールドファッションを食す。
 実家から送ってきた荷物に入っていたものの残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック