2011年11月14日

中村伸郎の生の舞台を観ておきたかったなあ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、一応青空の見えるお天気だった。

 朝夕の冷え込みが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 体調、どうも芳しからず。
 身体、重だろし。


 キノ・フォーラムkyoの上映会(9日)に関し、昨日メンバーより報告がある。
 今回も、『ユニバーサルソルジャー』と『ユニバーサルソルジャー リジェネレーション』を上映したとのこと。
 参加者を変えて、同じ作品を繰り返し上映するということも悪くないと思う。


 体調もあって、今日は夕方の買い物以外は外出せず、部屋で仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニング(軽めの)をこなしたりして過ごす。


 如月小春の『俳優の領分』<新宿書房>を読み進める。
 文学座の分裂(特に、中村伸郎の脱退となった三島由紀夫の一件)など、如月小春の立ち位置がよくわかるような気がする。


 ソプラノのヌリア・リアルとヴァイオリンのユリア・シュレーダー&バーゼル室内管弦楽団が演奏したテレマンのオペラ・アリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴き始めたが、第一曲目のリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』の途中で聴くのをやめてしまう。
 無理をしてまで聴くことはないだろうと思ったため。

 代わりに、ギュンター・ヴァント指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番<RCA、旧録音>を聴く。
 いやあ、目の詰まったしっかりとした演奏だなあ。
 ドイツ音楽は、やっぱりこうこなくっちゃ。
(と、わざとらしく記してみる)

 続けて、NHKのラジオ第一の岡田恵和の番組を聴く。
 ゲストは、檀れい。


 仕事関係の作業を進めたり、『俳優の領分』を読み進めたりする。
 『俳優の領分』には、いろいろと刺激を受ける。


 今日も、サンエスのダイジェクティブチョコビスケットを食す。
 卸売ひろばタカギで、今日新たに購入したものなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 夏目漱石の『三四郎』の一節をどうしても思い出してしまう今日この頃だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック