2011年10月27日

風邪のひきはじめか?(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温はあまり上昇せず、朝夕は肌寒さを強く感じる。

 鼻たけそのほかもあって、身体だろし。
 風邪のひきはじめか。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 朝、母から電話があり、少し話しをする。


 仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 松下裕の『評伝中野重治』<筑摩書房>を読み進める。


 15時台に外出し、地下鉄でくいな橋まで出、龍谷大学深草校舎で矯正教育学を受講する。
 今日は外部の方による特別の講義で、いつもとはまた別の刺激を受ける。

 講義終了後、夕飯用の買い物をすませたのち、19時過ぎに帰宅した。


 NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ヤナーチェク・カルテットが演奏したヤナーチェクの弦楽4重奏曲第2番「ないしょの手紙」のライヴ録音を聴く。
 そのあと、あまり好みに合わない曲が流れだしたので、途中下車する。

 夕飯後、ソプラノのパトリシア・プティボンがジョセプ・ポンス指揮スペイン国立管弦楽団の伴奏で歌ったスペインのアリア&歌曲集『メランコリア』<ドイツ・グラモフォン>を繰り返し聴くきながら、仕事関係の作業を進める。


 『評伝中野重治』を読了する。
 文学者としての中野重治とともに、政治家・活動家としての中野重治についても、いろいろと考える。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 TPP、TPPと世の中喧しい。
 物事がますます嫌な方向へと進んで行きそうで、なんとも言えない気分だ。
 もちろん、嘆いてばかりもいられないが。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック