2011年09月25日

お芝居を観て、河原町まで出た(CLACLA日記)

 ちょっとどんよりとした感じのお天気。

 気温はあまり上昇しなかったものの、湿度が少し高い分、それほど快ならず。


 昨夜、宮下奈都の『田舎の紳士服店のモデルの妻』<文藝春秋>を読了し、戌井市郎さんの『芝居の道』<芸団協出版部>を読み始める。
 なお、先年亡くなった戌井さんは文学座の創立メンバーの一人で、鉄割アルバトロスケットの戌井昭人さんのお祖父さんにあたる。


 仕事関係や企画関係の作業を進めたり、リハビリのためのトレーニングをこなしたりする。


 13時少し前に外出し、京都府立文化芸術会館でミクニヤナイハラプロジェクトvol.5『前向き!タイモン』(矢内原美邦作・演出・振付)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 終演後、河原町に出て、仕事関係と企画関係の予定をこなす。

 ついでに、京都市役所近くの中古レコード店HOT LINEで、クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」&『くるみ割り人形』組曲<SONY>を購入する。
 税込み600円なり。

 それから夕飯用の買い物をすませ、17時半頃帰宅した。


 帰宅後、早速アバドのCDを聴く。
 繰り返し聴く。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック