2011年08月31日

今日で8月も終わり(CLACLA日記)

 今日で8月も終わり。
 今年も残すところ4ヶ月となってしまった。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、死を忘れないこと。


 台風12号の影響で、どんよりとした感じの強いお天気となる。

 気温は上昇し、まだまだ暑さが厳しい。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進める。


 その後、11時近くに外出し、入院関係や仕事関係の用件を片づける。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第10番<SONY/BMG>や、オリ・ムストネンが弾いた同じくベートーヴェンのピアノのための変奏曲集<DECCA>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。
 そういえば、ムストネンのアルバムには、『ゴッド・セイヴ・ザ・キング(イギリス国歌)』の主題による7つの変奏曲が収められているが、もともとの『ゴッド・セイヴ・ザ・キング(今はクイーン)』にこれといった録音がない。
 LP時代には、ゲオルク・ショルティ指揮ロンドン・フィルの演奏(エルガー編曲)<DECCA>があってきちんと国内盤も出ていたのだが、エルガーの序曲『コケイン』と『威風堂々』という少しだけマニア受けのカップリングとそのままCDにするには短い収録時間もあって、イギリス国歌のCD化は未だ為されていない。
 DECCAのオリジナルスで同じショルティ指揮ロンドン・フィルによるエルガーの交響曲第2番が発売される際に、イギリス国歌もカップリングしてもらえないものか。
 『威風堂々』第1番もいっしょなら必ず買うんだけどなあ。


 途中、息抜き代わりに、許光俊の『世界最高のピアニスト』<光文社新書>の拾い読みをする。


 18時近くなって再び外出し、市バスで出町柳駅前へ。
 で、そこから歩いて京都左京西部いきいき市民活動センターまで行き、演劇関係の企画の勉強会に参加する。
 新たな課題が明確になり、しっかり対応していかなければと強く思う。
 帰りがけも含めて、充実した時間を過ごすことができた。


 余談だけど、退院後、左京西部いきいき市民活動センターの一室を借りて、いきいき中瀬デーを始めたいとちょと考えている。
(って、誰か人が来たら、あれこれくっちゃべろうと考えているだけの話だけど…)


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢


 明日がいい日でありますように!
 そして、9月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック