2011年08月28日

晴れていたので、洗濯をしたが(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 その分気温も上昇し、残暑を強く感じる一日だった。


 明け方近くまで、仕事関係や企画関係の作業を進める。


 それでも午前のうちに、毎週恒例の洗濯をすませる。
 階段の昇り降りが両膝にこたえる…。


 本当は仕事関係の予定が入っていたのだが、体調が芳しくないこともあり延期してもらうことにして、今日は夕方の買い物以外外出せず、部屋で仕事関係や企画関係の作業を進めたりして過ごす。
 いろいろ気ばかり焦るのだけれど、仕方がない。


 ほかに、昨日河原町で入手した『ぶらあぼ』9月号や、許光俊の『生きていくためのクラシック』<光文社新書>の拾い読みをする。


 山田一雄指揮新日本フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」&セレナード第6番「セレナータ・ノットゥルナ」他<フォンテック>、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(AAM)が演奏した同じくモーツァルトの歌劇『クレタの王イドメネオ』のバレエ音楽&セレナード第9番「ポストホルン」他<オワゾリール>、近衛秀麿指揮ベルリン・フィルが演奏したムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』&ハイドンの交響曲第91番<ドイツ・グラモフォン>、再びホグウッド指揮AAMが演奏したハイドンの交響曲第77番&第76番<BBCミュージックマガジン>を断続的に聴く。
 いわゆるモダン楽器による日本人指揮者の演奏とピリオド楽器のオーケストラの演奏を交互に聴いてみたくなったのだ。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 誰が代表になっても、一年持つかどうか?


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック