2011年08月22日

竹脇無我が亡くなってしまった(CLACLA日記)

 NHK・FMで『ちょんまげSONG三昧』が放送された昨日、俳優の竹脇無我が亡くなった(67歳)。
 NHKの元アナウンサーでニュース映画の解説者として知られた竹脇昌作の三男で、父親の自殺等複雑な家庭の事情もあり、芸能界に入ることとなった。
 『だいこんの花』など、森繁久弥とは実の父子のように親しい関係で、森繁翁の出演作品には度々出演した。
 中でも、森繁翁晩年の怪作『おやじのヒゲ』は、特に懐かしい。
(ほかに、森繁翁が吉田茂を演じた『小説吉田学校』では、佐藤栄作の役を竹脇さんが演じている)
 うつ病、糖尿病の闘病の末に復帰を果たしたが、脳出血のためついにかえらぬ人となってしまった。
 個人的にはやはり、『大岡越前』の小石川療養所医師榊原伊織を挙げざるをえまい。
 深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 松山英太郎、藤岡琢也、森繁翁、そして竹脇無我。
 みんな亡くなってしまった…。


 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気だった。

 気温は微妙に上昇する。
 湿度が高い分、むしむしとしてあまり快ならず。


 体調、芳しからず。
 頭、身体が重たし。


 今日は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのちお昼過ぎに外出し、区役所へ。
 保険関係の手続きをすませる。

 それから病院へ移動し、9月初めの手術入院に関していろいろと話しを聴く。
 大禍はないだろうが、右膝にも水がたまっているとのことで、入院日にMRIの撮影を行ってもらうことにする。

 その後、仕事関係の予定をいくつか片づけてから、19時近くになって帰宅した。


 森絵都の『この女』<筑摩書房>を読み進める。
 面白い面白い。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 リビアのカダフィ政権が崩壊目前と報道されている。
 いろいろと考えることあり。

 福島第一原子力発電所周辺3キロ圏の居住禁止措置が、最低でも10年になるという。
 最低でも10年…。

 そんな中、民主党の代表選に前原誠司が出馬らしい。
 なんともかとも。

 今、大阪で起こり続けていることが非常に気になる。
 これは果たして、大阪という一つの行政区域に留まることなのか?
 今後の展開を注視していかなければ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック