2011年08月21日

結局、お芝居を観に行った(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気。
 夜になって、雨降りになる。

 気温は下がったが、湿度が高い分、むしむしじめじめとしてあまり快ならず。


 体調不良のため、昨夜は早めに寝床に入る。

 なめくじが山ほど出てくる嫌な夢を観る。
 気色が悪く、どうにもうっとうしい。


 準・メルクル指揮リヨン国立管弦楽団が演奏したドビュッシーの管弦楽曲集vol.6<NAXOS>を聴いたりしながら、仕事関係や企画関係の作業を進める。


 森絵都の『この女』<筑摩書房>を読み始める。
 書き下ろし作品とあるが、阪神大震災前夜という作品の設定は、3月11日以降に考えられたものだろうか。
(5月20日初版第一刷り)


 体調もあって迷った末、結局16時過ぎに外出し、人間座スタジオでtabula=rasa no.6 シリーズ:デッサン1『ベケットのいくつか。』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、演出の高田ひとし君をはじめ、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。

 で、いろいろあって22時半頃帰宅した。


 今日は、プレミアム7の鈴カステラを食す。
 セブンイレブンで、税込み100円だったもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 なんでもかでも手を挙げりゃいいってもんじゃないだろう、と思うことあり。


 以上、8月20日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック