2010年04月30日

月末進行の一日(CLACLA日記)

 今日で4月も終わり。
 ばたばたばたばたとし、かっかかっかとしているうちに過ぎ去った一ヶ月だった。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、メメントモリ!


 昨夜、母から電話があり、少し話しをする。

 その後、坪内祐三の『大阪おもい』<ぴあ>を読み進めたり、ナイナイのオールナイトニッポンを聴きながら仕事関係の作業を進めたりして、3時8分に消灯する。

 9時46分に起きる。

 10時過ぎ、昨夜の読売日本交響楽団の大阪公演の件で、読売日本交響楽団のチケットセンターに電話をかける。
 すでに大阪公演担当の事務局の方が大阪に入っているとのことで、連絡をとってもらうことになる。

 仕事関係の作業を進める。

 正午過ぎに、読売日本交響楽団の大阪公演の件で、チケットを扱っているフォルテ音楽事務所に電話をかける。
 予想はしていたが、すでにチケットは完売状態だった。

 仕事関係の作業を進める。

 13時過ぎに、トイレの軽い掃除をすませる。

 クラリネットのフランクリン・コーエンとピアノのウラディミール・アシュケナージさんが演奏したブラームスのクラリネット・ソナタ第1番、第2番他<DECCA>を聴きながら、『花田清輝全集』第二巻<講談社>と『大阪おもい』を読み進める。

 続けて、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第2番&ハイドンの主題による変奏曲<EMI>を聴きながら、4月の創作活動に関する総括を行い、仕事関係の作業を進める。

 さらに、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番<SONY>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 16時54分に外出し、グルメシティで夕飯用の買い物をすませ、17時24分に帰宅する。

 少しどんよりとした感じもしたが、概していいお天気、いい青空の一日。
 気温も、それなりに上昇。

 帰宅後、クラウディオ・アバド指揮マーラー・チェンバー・オーケストラが演奏したブラームスのセレナード第1番<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、仕事関係の作業を進める。

 続けて、ヴァイオリンのシェロモ・ミンツとクラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのヴァイオリン協奏曲&大学祝典序曲<同>を聴きながら、仕事関係の作業を進め、雑件を片づける。

 19時過ぎ、読売新聞大阪本社企画事業部の方(昨日のYさんの上司にあたる)から電話がある、
 まずは、招待状が無効ではなかったとわかりほっとする。
 そして、丁寧な説明、ありがとうございました。

 夕飯後、ピアノのアルフレッド・ブレンデルとクラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのピアノ協奏曲第1番<PHILIPS>を聴きながら、『花田清輝全集』第二巻と『大阪おもい』を読み進める。

 仕事関係の作業を進める。
 月末進行である。

 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、岩塚製菓株式会社の黒豆せんべいを食す。
 グルメシティで、税込み100円になっていたもの。
 黒豆がたっぷり入ったうす塩味のせんべいで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック