2010年04月29日

図書館に行ったあと、大切な用件をすませる(CLACLA日記)

 世は連休の一日目。
 が、ぶらりひょうたんな生き方をしている身ゆえ、僕にはあまり関係なし。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたりしていて消灯が4時になる。

 9時46分に起きて、いくつか雑件を片づける。

 10時53分に外出し、グルメシティで買い物をすませ、11時18分に帰宅する。

 朝昼兼用の食事をすませたあと、トリオ・パルナッソスが演奏したドメニコ・ガッロの12のトリオ・ソナタ集<CPO>を聴きながら、『花田清輝全集』第二巻<講談社>を読み進める。
>自分自身、本気になって闘争するつもりのない人間にかぎって、派手な闘争に喝采するものであり、そうして、喝采することによって、わずかに自分を慰め観念的に昂奮するものなのだ<
(『花田清輝全集』第二巻所収、『復興期の精神』から「天体図」より)

 なお、たびたび記していることだけれど、ガッロの12のトリオ・ソナタ集の一部こそ、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』の元ネタの一つとなっている。

 で、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロンドン・シンフォニエッタ他が演奏したその『プルチネッラ』全曲<SONY>を聴きながら、『魔王』の筆入れとPCへの打ち込みを進める。


 15時2分に外出し、下京図書館へ。
 坪内祐三の『まぼろしの大阪』<ぴあ>を返却し、予約しておいた同じく坪内祐三の『大阪おもい』<同>を新たに借りる。

 そこから別の場所に移動し、大切な用件をすませる。

 途中、読売新聞のYさんから読売日本交響楽団大阪公演の招待状が無効となる電話があって云々かんぬんは前回の記事に詳しく記したので、そちらをご参照のほど。
 そうそう、Yさんも休日、本当にお疲れ様でした。
(これは厭味でなくて、本心から)

 それにしても、読売日本交響楽団の大阪公演を聴くことができないのは残念無念の極みだ。

 グルメシティで夕飯用の買い物をすませて、20時ちょうどに帰宅する。


 若干どんよりとしつつも、概していいお天気、いい青空の一日。
 気温自体はそれなりに上昇したものの、強い風が吹いていたためあまり穏やかな感じならず。

 夕飯後、「腹いせ」にピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『ペトルーシュカ』&『春の祭典』<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、雑件を片づける。

 続けて、これまた「腹いせ」にブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴きながら、『大阪おもい』を読み始め、読み進める。
 面白し面白し。

 今日は、プレシアのおいしくたべたい・生どら焼き・あずきクリームと、山崎製パンの大きなエクレアを食す。
 いずれも、グルメシティで半額引き、税込み49円だったもの。
 甘さ控えめで、どちらもなかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 まあ、世の中ままならぬものですわ…。

 明日が本当にいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック