2010年04月28日

外出前の日記(CLACLA日記)

 東京第五検察審査会が、小沢一郎民主党幹事長に関し起訴相当とする議決を行ったという。
 事の是非はひとまず置くとして、連日あれだけの報道が為されていたわけだから、それこそ起訴しないでどうするという判断が行われても仕方がないと、僕は思う。
 それにしても、河村前官房長官の機密費問題に関する検察審査会の判断はどういったものになるだろうか?
 本当に他人事ではない。


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係の作業を進めたりしたのち、3時31分に消灯する。

 10時51分に起きる。

 オリ・ムストネンがピアノ独奏したベートーヴェンの変奏曲集<DECCA>を聴きながら、雑件を片づけたり、仕事関係の作業を進めたりする。

 続けて、同じくムストネンが独奏したベートーヴェンのディアベッリの主題による変奏曲他<RCA>を聴きながら、『花田清輝全集』第二巻<講談社>を読み進める。

 さらに続けて、同じくムストネンが独奏したベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番&10の民謡主題と変奏曲<RCA>を聴きながら、坪内祐三の『まぼろしの大阪』<ぴあ>を読了し、雑件を片づける。
 なお、2004年8月9日の日付がある『まぼろしの大阪』のあとがき中の「「まぼろし」のもう一人の対談相手」とは、同年7月26日に急逝した中島らものことである。

 その後、少し間を置いて、マルク・アンドレ・アムランがピアノ独奏したジェフスキの『不屈の民』の主題による変奏曲他<hyperion>を聴きながら、『魔王』の今後の展開について考え、PCへの打ち込みを少しだけ進める。

 いいお天気、いい青空の一日。

 今夜は、アートコンプレックス1928まで京都ロマンポップの公演を観に行く予定なり。
 と、言うことで、そろそろ外出の準備を始めようと思います。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック