2010年04月25日

歩いて河原町まで出てしまった(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空の一日。
 気温も上昇し、再び春らしくなる。
 もう、寒くならないで欲しいなあ。


 昨夜は、仕事関係の作業を進めたり、雑件を片づけたりしていて遅くなり、4時6分になってようやく消灯する。

 11時23分に起きる。

 ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、雑件を片づけたり、坪内祐三の『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』<マガジンハウス>を読み進め、「紅葉の覆面小説と『萬朝報』の創刊」まで読み終えたりする。

 続けて、アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団が演奏したコルンゴルトの交響曲他<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、昨夜のC.T.T.セレクション・イン京都の観劇記録をアップしたり、雑件を片づけたりする。


 16時6分に外出し、京都芸術センターへ。
 ちょうど地点の公演の受付が始まるところだったが、持ち合わせが少なかったこともあり断念し、いくつか用件を片づける。

 途中どうしようか迷ったものの、せっかくのお天気だからとそのまま歩いて河原町まで出る。
 ただし、結局Avisと紀伊國屋書店をのぞいただけで、他は回ることはしなかった。

 で、ちょっと疲れたこともあって、甲南チケット河原町店で切符を購入後、阪急で大宮まで戻り、グルメシティなどで買い物をすませて、18時ちょうどに帰宅した。


 帰宅後、雑件を片づけ、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みをする。

 夕飯後、『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』を読み進め、「北村透谷と『文學界』の「怒れる若者たち」」まで読み終える。

 ほかに、『大平正芳』の拾い読みもする。

 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、天乃屋の「ボクのおやつ ひねり揚げえび塩」を食す。
 ファミリーマート四条大宮店で購入したもので、税込み105円だった。
 塩味控えめで海老の風味のきいたねじりせんべいで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 JR西日本・福知山線の脱線事故から5年が経った。
 全ての犠牲者に、深く、深く、深く、深く黙祷。

 毎度のことながら、茶番以下の猿芝居にはだまされたくないものだと強く思う。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック