2010年04月18日

下京図書館や京都芸術センターへ行った(CLACLA日記)

 昨夜は京都に戻って来たばかりというのに、いやだからこそか、バリトンのオラフ・ベーアとハンス・フォンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したモーツァルトのオペラ・アリア集<EMI>を聴きながら、この間たまっていた仕事関係の作業や雑件を片づけていて遅くなり、3時57分になってようやく消灯する。

 それでも9時31分に起きて、掃除機かけなど部屋の掃除をすませる。

 帰省中にメールをもらっていた京都ロマンポップの浅田麻衣さんに留守電を入れておいたところ、折り返し彼女から電話がある。
 27日〜29日にアートコンプレックス1928での公演が予定されている、さかあがりハリケーンVol.2『君ノ笑フアノ丘ノ上デ僕ハ』(向坂達矢さん作・演出)に関して。
 京都ロマンポップは以前から気になる劇団だったが、今まで観劇する機会がなかったのだ。
(浅田さんの演技には、ピンク地底人3号さんの公演で一度だけ接したことがあるが)

 どうしようか迷ったが、結局、京都市交響楽団の定期演奏会はパスすることに決める。
 残念だけど、仕方がない。

 オラフ・ベーアのアリア集を三度聴きながら、『花田清輝評論集』<岩波文庫>の拾い読みをしたり、『山中貞雄餘話』と『魔王』のノート書き分のPCへの打ち込みを進めたりする。
 『山中貞雄餘話』と『魔王』の下書きとノート書きを、帰省中に少しだけ進めていたのである。

 京都フィルハーモニー室内合奏団事務局の田村誠基さんにメールを送っておく。
 24日の定期公演のチケットを予約するため。
(田村さんのお名前の誠基の基を、はじめ貴と間違えて送ってしまった。本当に申し訳ありませんでした)


 15時50分に外出し、下京図書館へ。
 吉田秀和の『改めて、また満たされる喜び 新・音楽展望1994−1996』<朝日新聞社>と坪内祐三の『古くさいぞ私は』<晶文社>を返却し、予約しておいた吉田秀和の『くりかえし聴く、くりかえし読む 新・音楽展望1997−1999』<朝日新聞社>と坪内祐三の『文庫本を狙え!』<晶文社>を新たに借りる。

 JEUGIA四条店で『ぶらあぼ』5月号を入手したのち、京都芸術センターへ。
 途中、烏丸通で西山真来さんと遭遇したので、24、25両日に彼女が出演を予定しているC.T.T.のセレクションについて少し立ち話をする。

 京都芸術センターでは、いくつか用件を片づけたほか、二階の講堂でピアニストの植村照が18時からのリサイタル(センター所蔵の「ペトコフ」ピアノ)の練習をしていたので、できれば中に入って聴かせてもらいたかったのだが、ボランティアスタッフの初老の男性の「18時からリサイタルがありますので。当日券もありますので」という言葉にあっさり引き下がり、近くで「盗み聴き」する。
 引き下がったのは、男性の言葉があまりにも適切だったため。
 ただ、個人的には、あくまでも演奏者の意志を尊重した上でだけど、京都文化博物館の別館ホールのように公開でリハーサルが行われてもいいのではないかなあと思わないではない。
(ちょうどベートーヴェンの月光ソナタの終楽章をさらっていたが、いくぶんロマンティックに傾いたきらいはあるものの、なかなかのリサイタルになったのではなかろうか)

 その後、本郷麻衣さんにあいさつし(本郷さんのツイッターのつぶやきで、MONOの金替康博さんの明倫ワークショップが今日行われているのを知った。しまった!)、芸術センターの入口のところでは水沼健さんとあいさつをする。
 水沼健さんといえば、芸術センターの情報コーナーで水沼さんが演出するルドルフの『授業』のチラシを手に入れたんだった。
 筒井加寿子さん演出による例えば蛭子能収タッチの『授業』も観てみたいが、水沼さんとテキストのつき具合に加え、金替さん、筒井さん、そしてヨーロッパ企画の永野宗典さんという出演者陣もあって、これは「当たり」公演になると思う。

 そうそう、チラシといえば、ベトナムからの笑い声の精華小劇場での公演『ベトナムガエシ』のチラシも手に入れて、おっ、あのミュージカルを再演するのか! と嬉しくなったのだけれど、ちょっとだけ心配な部分もあった。
 と、言うのも、チラシの真ん中下に、6月11日〜13日と比較的大きく公演期日が記されているのは、劇団員の一人山方由美さんから教えてもらっていた通りなのだが、一番下の脚本や出演者スタッフ陣が小さな字で並んでいるところには、なんと6月3日〜5日と記されていたからだ。
 たぶん単純なミスなのだろうが、これは早く訂正したほうがいいのではないか。

 大垣書店四条店に寄り、ドラッグランドひかり、グルメシティ、ダイソーで買い物をすませ、18時7分に帰宅する。


 概して、どんよりとしたお天気。
 気温も思ったほどには上昇せず。
(まあ、これまでのことは思えば暖かくなりはしたが)

 帰宅後、『くりかえし聴く、くりかえし読む』と『文庫本を狙え!』を読み始める。
 『くりかえし…』は、副題にもあるように、朝日新聞連載の「音楽展望」シリーズの続刊にあたるもの。
 一方、『文庫本を狙え!』は、週刊文春の連載をまとめたもの。

 夕飯後、仕事関係の作業を進める。

 今日は、昨日実家から持って帰ってきたCOOPの厚切りバウムクーヘンを食す。
 あっさりとした甘さのバウムクーヘンで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック