2009年08月31日

悲愴と皮相の間に(CLACLA日記)

 今回の総選挙の結果に万歳の声を上げている人もいれば、政権交代に不安を抱く人もいる、はてはこれで日本は終わった、この国は地に落ちたと嘆き悲しむ人もいる。
 人は千差万別。
 様々な考えがあってしかるべきだし、またそうでないとおかしい。
(ただし、この国が終わったと言うのであれば、少なくとも小泉内閣時代のやりたい放題を許容したときからそう言うべきであり、自公連立政権に対する一切の批判なしにその言葉を繰り返すのは、枕も筋の運びもないままにサゲだけ口にしてこれが落語でございとのたまっているのと同じことのような気がする)
 で、僕自身はといえば、自民公明連立政権の退陣には喜びつつも、民主党が政権の座に就いたからといって基本線では大きな変化がない、残念ながらこれでこの国の諸状況が(すぐさま)よい方向へ向かうとは思えない、というのが正直な感想である。
 短期的に考えれば、衆議院の比例区の廃止が他の重要な問題とともに(それを押しのけて?)議会運営の大きな議題とされるだろうし、鳩山由紀夫代表自身のそれを皮切りに、民主党代議士陣の大小様々なスキャンダルが取り沙汰されたりもするだろう。
(正直、前回の選挙の際の自民党と同様、本来当選すべきでないような人物も当選しているような気がするし)
 加えて、突発的な「テロ」にも注意が必要かもしれない。
 また、中長期的には、政権の行き詰まりと民主党の分裂が危惧されるし、そうした中で政界再編がこれまた他の重要な問題とともに(それを押しのけて?)大きな課題となってくるかとも思う。
 いずれにしても、個人的にはオプティミスティックな観測を持つことはできないのだけれど、しかしながら、もしそうした状況が起こるとすれば(しても)それは、結局のところ自分自身の責任、自己の責任でもあるとも、僕は考える。
 と、言っても、「お前の悲劇はお前自身のせい。俺の知ったこっちゃない」といった小泉内閣時代に持て囃された自己責任論を振りかざしたいのでは毛頭ない。
 現実の諸状況に、いささかでも目を見張り耳をすませ、大きな声に呑み流されるのではなく、踏み止まって自分自身の判断を重ねていくことが、これからますます必要になってくるはずだと、僕は言いたいのだ。
 そして、これから僕(ら)に求めらるスタンスは、ただただ悲嘆詠嘆し、大仰な言葉を口にし続ける「悲愴」でもなく、逆に斜に構えて、全てをニヒリスティックに解釈する「皮相」でもない(なぜなら、結局はいずれもコインの裏表に過ぎないから)、その間のものであると、僕は強く思う。

 衆議院の比例区の廃止そのものは、僕自身あまり賛成ではないのだけれど。
 でもさあ、武部や町村、中川、そして小泉百合子らの復活当選を目の当たりにすると、「なんでだよ!」という気になっても仕方ないなあ、と思ってしまうなあ。
 それにしても、小泉百合子って、本当に節操がないなあ。
 厚顔無恥もいいところだ。


 選挙結果が一段落着いたこともあり、深夜、ネットラジオでハリー・クリストファーズ指揮グラナダ市管弦楽団のコンサートのライヴ録音を途中から聴く。
 バッハのブランデンブルク協奏曲第3番とハイドンの交響曲第99番を聴いたが、いずれもピリオド奏法を援用した演奏が行われていた。
 ただ、クリストファーズ自身の解釈にオケの力量もあってか、ハイドンでは若干「もっささ」を感じたことも事実である。
(余談だけれど、以前調べた感じでは、このグラナダ市管弦楽団のほか、最近来日したビルバオ交響楽団やセビーリャ王立交響楽団、ガリシア交響楽団、ガリシア・フィル、オビエド・フィルといったスペインの地方オーケストラは、なかなか充実した演奏活動を行っているようだ)

 風邪をひいてしまったのか(寝冷え?)、喉、気管支の調子が少しおかしい。
 やれやれ。
(新型インフルエンザでなければよいが…)

 『プンティラ旦那と下男のマッティ』を読み終え、『ブレヒト戯曲全集第5巻』<未来社>を読了した。
 物事を隠蔽する側に加わるか、そうでない立場をとり続けるか、そのことが厳しく問われる状況ということもあって、刺激を受けるところ非常に大だ。
(って、社会主義や共産主義を支持してるわけじゃないんだけどね)

 『汽車との散歩』を読み進める。

 クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックの演奏した、ハイドンの交響曲第77番&第76番のCDを聴く。
 中断した、デッカ=オワゾリールの交響曲セットに含まれているものではなく、BBCミュージックマガジンの付録となっていたもの。
 やっぱり、ハイドンの交響曲は聴いていて愉しいや。

 体調もあって、今日は17時台に夕飯用の買い物に出かけた程度。
 部屋の中ではそれほどでもないが、外に出ると、けっこう涼しげな風が吹いていることがわかる。

 夕飯後、思うところあって、『チェーホフ全集 11』<ちくま文庫>所収の『三人姉妹』をつまみ再読する。

 8月の創作活動に関して総括を行う。

 ネットラジオで、エミール・タバコフ指揮ブルガリア放送交響楽団の演奏した、ドヴォルザークの交響曲第8番のライヴ録音を聴く。
 威勢はいいが、たがが外れているというか、やたらと前のめりで騒々しく、肌理の粗い演奏。
 あまり好みではない。

 今日は、甘いものは食さず。

 今日で8月も終わり。
 明日がいい日でありますように!
 そして、9月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック